« 自分の正しさを証明して何がのこるのだろう | Main | 「できごと」を利用したらこうなった »

2012.09.10

男性としての限界?

1


「女性のことは一番女性がよく知っている」


というある女性が語っていた言葉を思い出しました。


簡単にいえば、結婚詐欺の映画。旦那が主人公で、奥さんがそれを裏で操るって話。


けど、結婚詐欺を手助けする女性、結婚詐欺にだまされる女性の言葉で語られない心理を理解しようとするとたぶん大変に奥が深い映画。


おそらく、男の自分には監督が映画に織り込んだ女性の心理の多くを読めていないんだろうな、となんだか感じる映画。


この辺の世界観がヒシヒシとは感じるんだけど、それが何だかわからないって映画です。


うん、男としての自分の現時点での限界を確認できる映画です(笑)西川監督、脱帽です。


追記
土曜日は台湾料理@新大久保で紹興酒祭り&日曜日はうちの妹が男の子を出産しました(と、同日に仲間の子供も同日に出産したらしい!)めでたい!

1_2

万物は、ぼけーっとしてても流転していくものですね。

September 10, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 男性としての限界?:

Comments

Post a comment