« 全日空がミャンマーに就航!・・・なのだが | Main | 絶対にああはなりたくない! »

2012.10.17

ブログに反響をいただきました

「わからないことは天の神様のいう通り」のブログにいくつか反響をいただきました。


「そういう考え方も分かる」「けど、科学的じゃない」「あまりそういう考え方に染まるのもどうかと思う」


「自分の意図と天の神様の意図とが相反していたらどうするのか?」「どうしたら天の神様のいう通りの生き方ができるのか?」


ざっくりというとこんなところかな。


質問、言い方はそれぞれですけど「今のままではどうもうまくいかないのでは?」という集合的な無意識が存在しているのだなあ、と思いました。


人間のコントロールを外れてしまうほど巨大化した金融市場、造った人ですら復旧のメドをなかなかつけられない原子力発電、いままでのセオリーが全く通用しなくなった世界の経済・・


自分ら人間はコントロールができないものに囲まれています。


で、コントロールができないからコントロールをしようとしてより悪い結果を引き起こしたりしています。


「できごと」そのものよりも、「できごと」に過剰反応した結果が悪い結果を引き起こすなんてことはいくらでもありますしね。


たぶんなんですが、「コントロールができないことに直面した時にそれを解決しようとする性質」を多くの人間が持つようになったのは近代資本主義からではないでしょうかね?


昔の人は、天災などの「自分がコントロールできないこと」に直面した時に「解決」って視点を持っていなかったと思うんですよね。


たしかに「問題解決」って視点があったから技術開発は進み、自分らの生活は「豊か」にはなっていった。


けど、「陽が極まれば陰になる」ってヤツで一人一人が「問題解決」って視点をちょっと持ちすぎてしまったんだと思うんですね。


たぶん、今の日本で「問題解決」ってことを悪くいう人はいないと思うんです。もちろん、自分も含めてですね。「問題解決力がある人」ってのは優秀な人と同義語のようなものですし。


けど、江戸時代の人に同じことを話したら理解してもらいないような気がするんですよね。


「問題解決?そんなの人間がやれることなんて限られてるだろう」


とかいわれそうな気がするんですよね。


「天の神様のいう通り」ってのは、自分の中のイメージでは「江戸時代の人のような生き方」を目指すってことなんです。


そんな生き方をしながら、今の資本主義の世の中を泳いでいく


経営ってのは「矛盾の統合」を図るのが仕事といわれますが、自分はこの矛盾の統合だけは自分なりに果たしていきたいと思うのです。

October 17, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブログに反響をいただきました:

Comments

Post a comment