« 罪悪感から解放される瞬間 | Main | 「イタい大人」が生まれる構造 »

2012.11.06

「イタい大人」になりたくない

「イタい大人」っていますよね。


誰しも一人や二人は思いつくと思うのですが、本当に端で見ていると「あ、イタタタタ・・」なのです。


ちょっと思いつくまま挙げると・・・


●「自分の実力を必要以上に過大評価している大人」(「ふーん。で、その根拠は?」と聞いてたまにつっこんでやりたくなります)


●「『急がしい』と口ぐせにしているけど実態が不明な大人」(単に、他からの存在証明が欲しいんでしょうかね。てか、忙しいのはお互い様じゃね、って)


●「インターネットで調べられる情報をさも自分の意見のようにいう大人」(インテリジェンスとインフォメーションとの違いを知らないのかしら?と思いますね)


●「先輩、後輩関係に固執する大人」(たいがい、「上の人や強い人に弱く、下の人や弱い人に強く」って考え方とリンクしません?「先輩は先輩、後輩は後輩。その他は人間と人間の付き合い。以上」でいいんじゃないかな、と)


●「服装や言動などTPOをわきまえられない大人」(保育園児がそのまま大きくなった感じがしちゃうんですよね。個性って隠してもでてしまうものが個性じゃね、と思ったりも)


●「専門でもないのに政治の話が大好きな大人」(国を憂うなら政治家になればいいじゃん、と思います)


●「ケータイに依存している大人」(そんなに自分を確認したいのかな、と考えちゃいます)


● 「白黒はっきりしないと気がすまない大人」(世の中ってグレーな部分が一番多いようなきがしますけどね)


などなど・・・まだまだたくさんあるなあ。


けど、「本人に口にして波風たててもしょうがないだろう」だとか「ああいう人なんだからしょうがないじゃん」って周囲の厚い温情(?)のため、多く場合「イタい」は「イタい」ままスルーされることになります。


で、年月の経過とともに「イタい」はその人の性質になっていきます。


人間は性質が人間関係や仕事をつくっていって、それらの関係性が逆に自分をつくりあげていくわけですから、「イタい」は最終的にその人に降り掛かってくるわけです。


誰しも、「スゴいですねえ」と人からいわれれば重要感が満たされて嬉しいわけですから、自慢をしたくなるし自分への過大評価もしたくなる。


人間には「誰かを支配し、思いのまま動かしたい」って欲求も、「自己肯定感を高めたい」という欲求も存在する。その欲求を満たすための行動を無意識にしてしまう生き物でもある。


「集団の中でとけこみたい」という欲求もあれば、「ちょっと変わった個である自分を打ち出したい」という欲求も存在する。


・・・ある程度の年齢を重ねたら、こういう欲求や自分の構造に自覚的になる必要があると思うのです。


それが、大人の役割だと自分は思うのですよ。下の世代に偉そうに(?)ものをいう立場の人間の責務だと思うのです。


「なぜ人は大人になっても学ぶか?」


自分の中でそれは単に知識や情報を得ることではなくって、「自分の中にあるイタさ」に自覚的になることなんですね。


「イタさ」は自覚的にならないとどんどんと成長しますから、注意したいですね。


逆にいうと、「自覚的なイタさ」であれば自己判断でおもいきり「イタい大人」になればいいんだとも思いますよ。自覚的なものはコントロールが可能になりますしね。


ちなみに、最近、モモクロにはまっている自分は「自覚的なイタさ」です(笑)

November 6, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「イタい大人」になりたくない:

Comments

白レバーさん>コメントありがとうございます!

テリーは確かに「痛い」大人でしたね。これだけやられてドリーと同じギャラかよ、という争いはなかったんでしょうかね?(笑)

自分は「イタい」を自覚できていればいいと思うのですよ。無自覚な所に「イタさ」の本質があるのか、と。

だって、自分だってこの手のことをブログに書いてる時点でだいぶ「イタい」かもしれませんし(笑)

自分をメタの立場から見ているもう一人の自分がいて、その自分が「問題ない」とオッケーを出せば「イタさ」はイタさじゃなくなるんじゃないでしょうかね?

ってか、このブログには普段になくいくつも反響を直接いただいています。それだけ皆さんが「イタさ」に辟易しているケースが多いんでしょうね。

Posted by: 大塚和彦 | Nov 8, 2012, 11:36:03 AM

寒いのキライさん>コメントありがとうございます!

イタいっていつからなんでしょうね?

たぶん、昔は「自慢ばかりしてるヤツ」だとか「情報を受け売りしてるヤツ」とか言葉の表現がさまざまだったと思うのですが、ネットの影響で「イタい」に一言集約されたんでしょうね。

日本語がこうしてどんどんとあいまいな言葉で集約していくのでしょうな。。。

こうした一言集約された言葉を多用する大人も「イタい」かもしれませんね。

Posted by: 大塚和彦 | Nov 8, 2012, 11:31:00 AM

何故か、痛い大人=テリーファンクを思い出した私(笑)


はい、痛い大人は私です。今日も、朝からビルの責任者呼び出して説教(笑)。

多分、ウチのグループの上から下まで僕のこと「痛い大人」と思っています。


でも、事故が起きてからでは、遅いと思うんです。社員が危険な目に遭ったというので、呼び出しましたが、やっぱり根底にあるのは「自己満足」…


でも、「危機管理」が叫ばれてるのに、皆、陰では文句言うけど、正々堂々と言う人、いませんよね。凄く危険な状況と憂いています。


おっと、そういう話し始めることが既に「痛い大人」ですかね(笑)

Posted by: 白レバー | Nov 6, 2012, 8:08:27 PM

先週の金曜日にやった
「最後から2番目の恋」のスペシャルで 中井貴一とキョンキョンが「イタい」について語ってました。

「イタいって言葉、いつ頃から使われるようになったんだろう…」

「昔は「イタい」って言葉の代わりにをどんな表現をしていたんだろう…」

てな感じで…

ドラマでは、2人ともイタい…でも可愛い大人です( ^ω^ )

今日のブログ、面白過ぎです!いろんなイタい人の羅列がツボで、バスの中なのに思わず吹き出してしまいました(笑)

アタシもイタいなぁ〜(⌒-⌒; )

Posted by: 寒いのキライ | Nov 6, 2012, 5:45:13 PM

Post a comment