« 困った上司についてしまった時は | Main | 正しい質問、間違った質問 »

2012.11.21

ダイヤモンドが降臨した夜

1


「好きだった芸能人の番付をつくろう」


1997年夏、内モンゴルから蘭州行きの汽車に乗っていました。


日本を発って1ヶ月あまり。中国国内をバスと汽車で移動していたのですが、とにかくどこへ行くにも移動が長い。


で、思いついたのがこのテーマ。


で、10時間くらいかけてあーでもないと考えた結果、東の横綱(?)になったのがプリンセスプリンセスの奥井香(現:岸谷香)さんだったのですね。


高校3年から、浪人して、大学にいって、社会人の2年目くらいまで


いややや、音楽のことはよくわかりませんが彼女は好きでしたね。見た目も、声も、持っている世界観も、曲も、話も・・・。


で、たぶん、そんな異性に対しての傾向(?)はいまでも自分のどこかにあるみたいです(笑)


そんな彼女らの復活コンサート、いってきました。


武道館でリアルに「M」やら「ダイヤモンド」やら「ジュリアン」やらが聴けるのですから、歓喜、乱舞、感動、涙の3時間でした。


ってか、昔に比べて声がめちゃガーリーになってるし・・・。


復活を知った時は、「行きたい。けど、一抹の怖さが・・」って思ったけど、いやややや、彼女も、他のメンバーも想像を超える復活劇。5人のキャラクターが昔ながらにそれぞれ際立っていました。


熱唱、ってのはああいうことをいうんでしょうね。


「声がでなくなったら嫌だから武道館公演の初日にいく」と4日公演のしょっぱなのチケットをとったのですが、たぶん杞憂じゃないかしら。


何か持っている人は違いますね。


夢みたいな日、なんてそんなにあるもんじゃないですが、昨日はまさにそんな一夜でしたわ。


残念だったのは「MY WILL」がかからなかったことくらいか。あれって、派手さはないけどプリプリらしい曲だと思うのだよな。


ちなみにこれって、「40代青春の忘れ物消費」っていうんですってね(笑)


プリプリを見れたし、あとはおかわりシスターズが復活したら思い残すことはないんだけどなあ。


岸谷香さん、同じ時代を生きられて光栄です。

November 21, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ダイヤモンドが降臨した夜:

Comments

shigemonさん>コメントありがとうございます!

昔のママでした。昔、エッジのかかった服を着てばかりいたので最近はグレーのカーディガンなどを着ているとか(笑)

他のメンバーもルイ16世のような髪型だとかホットパンツだとか、昔を彷彿させる衣装ばかりでしたね。

ラストは普段着・・もう、プロデューサーの手で完璧に転がされる演出でしたわ(笑)

Posted by: 大塚和彦 | Nov 30, 2012, 8:41:00 AM

中山加奈子は昔のママ??

Posted by: shigemon | Nov 21, 2012, 1:02:25 PM

Post a comment