« 柄にもなく、愛について考えさせられた | Main | 年の瀬に映画の神様が降臨した? »

2012.12.31

親にもきっと事情があった

「なんで自分の親はああなんだろう?」


そんなささいな疑問などから、子供は自分なりの親観を組み立てていくようです。


で、生きて行く上で都合のいい具合に親観を組み立てられればいいのでしょうけど、そうそううまくいくことばかりでないわけで・・・


「いつも忙しくてかまってもらえなかった」が「自分が愛されるに足りないからだ」となったり、「子供だからといって深い話をしてもらえなかった」が「私に何か隠し事をしているんだ」となったりするわけです。


で、それが性格形成のベースとなっていって、周囲との人間関係づくりのパターンになっていくようです。


そこは、「忙しさ」だとか「深い話をしない」という行動に隠された親側の事情は多くの場合、全く無視されているわけですから、親もたまったものではないわけです。


「親にも事情があった」を理解する映画


『レミゼラブル』はそう見ても秀逸な映画です。


親には、たぶんいろんな事情があるわけです。


子供にやりたいことはいっぱいあったけど、経済的にできなかっただとか。


子供に話をしておきたいと思ったけど、子供のことを考えると話すべきではない、と判断しただとか。


子供にいろんな気持ちを伝えたかったけど、そのための方法が分からなかっただとか。


過去の親の事情を理解しようとすることは、都合の悪い自分の過去を書き換えようとする主体的な作業です。


「自分は愛されていない」だとか「周囲の人は自分に本音で話をしない」という価値観を生育歴の中で身につけたとしても、親の事情を推測して、受け入れることによって、わずかながらでも書き換えが可能なのだと。


この映画はそんな人間の可能性をも示してくれていないでしょうかね。


早いもので大晦日。今年もいろいろとお世話になりました。

December 31, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 親にもきっと事情があった:

Comments

グレフルな女さん>コメントありがとうございます!今年もよろしくお願いいたします!

過去の親の事情ってのは、もはや分からないんですよね。子である自分らには想像するしかない。

生きて行く上で都合の悪い解釈

親との関係性の中でそんなことを無意識に行っている自分に気がついたら、それを書き換えていくことが必要だと思うのです。

そのためには、親の事情を想像し、時には勝手に作り上げて行く主体的に作業が必要なのかな、と。

どうせ人間の過去の記憶なんて、いい記憶だって悪い記憶だっていい加減なもの、独りよがりの解釈でできあがっているわけですからね。

ってか、今年もよろしくお願いしますね!

Posted by: 大塚和彦 | Jan 4, 2013, 7:48:23 AM

白レバーさん>コメントありがとうございます!今年もよろしくお願いいたします。

体調、大丈夫ですか??

自分も年末に必ず体調を崩すんですが、今年はぎっくり腰で免疫(?)ができたせいか、今年は大丈夫でした。

お酒はほどほどに、と思う割には正月からずっと飲んでます。で、今日も(笑)

今年もよろしくお願いいたしますね!

Posted by: 大塚和彦 | Jan 4, 2013, 7:41:33 AM

あけましておめでとうございます♪
今年もよろしくお願いします!

私も子供の頃、なんでウチは友達の親より歳取ってるんだろうとか、
つい、友達の親と比較して、自分の親の行動に疑問を抱いたりしました(~_~;)
今思えば、子供のために一生懸命、頑張って働いて、子供の夢を実現してあげたい!と必死だったのかな~(^_^;)

元旦に実家に帰り、両親と話をしましたが、もう私はそれなりの歳なのに、両親にとってはいつまでも子どもなんだな~と思わせる言動がたくさんありました。

白レバーさん、大丈夫ですか?
脳って……(・_・;)


白レバーさん、

Posted by: グレフルな女 | Jan 3, 2013, 1:06:36 AM

今年も、お世話になりました。昨日、目眩が酷くなり、ひとりで歩けなくなり、急患で、脳の検査受けました。


大事にはなりませんでしたが、これからは、こちらが禁酒です。薬飲むので…。


ビールくらいにします(笑)


お互い、若くないということですね。


脳の検査で「悩」とか、文字がいっぱい出てきたらどうしょうと思いましたが、何も書いてませんでした。

Posted by: 白レバー | Dec 31, 2012, 2:13:29 PM

Post a comment