« 笑顔が最高な映画ですね | Main | オレらにも事情がある »

2013.02.28

好奇心と遊び心をいじくろう

1


大学時代の先輩と飲みに千葉まで泊まりがけで行きました。


自宅から1時間ちょっと。


「いつでも会える距離」といえばそうなんですが、「いつでも会える」ってのが幻想だとこの歳のなると今更ながら気がつきます。


それぞれ、仕事や家族、人間関係や用事、事情などがありますからね。


去年くらいから人生も半分を超えたので「いつでも会える」ってスイッチはオフにしようと思っているのです。


で、これは「好奇心」と「遊び心」のスイッチをオンにすることにつながるのだなあ、と感じたわけです。


「好奇心」と「遊び心」(更にいうと「探求心」かな)さえいじっておけば、人間はいつまでも若いまま。(別に「若い」に絶対的な価値を置くわけではないけどね)


自分はそんな年の取り方をしたいですね。


先輩の田原俊彦@カラオケは25年前のキレのママ。なんと、ダンスにいくつかバージョンが加わってました。


あれもきっと先輩の「遊び心」と「探究心」のなせる技なのでしょう(笑)


遅い時間までありがとうございました。今日は笑いすぎて腹が痛いであります。押忍。

February 28, 2013 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 好奇心と遊び心をいじくろう:

Comments

アルケミさん>コメントありがとうございます!

今は創造性がなくてもできる遊びがいっぱいありますからねえ。

ってか、本来、創造性のなきものを遊びってよばないと思うのです。

「歳をとったから遊ばなくなる」ではなく「創造&想像力がなくなってきたから遊べなくなる」ってのが真実だと思ったりします。

Posted by: 大塚和彦 | Mar 4, 2013, 12:39:24 PM

ヨネスケさん>コメントありがとうございます!

非常に優れた取材で感動的ですらありました。

今度は、平成2年頃の取材映像をぜひ拝見させてください。

たぶん、直視できないでしょうが(笑)

Posted by: 大塚和彦 | Mar 4, 2013, 12:35:25 PM

遊びは創造性がないとできないですよね。若さの秘訣だと思います!

Posted by: アルケミ | Mar 1, 2013, 11:26:05 AM

俺も笑いすぎて顔が痛くなった。
予想通りの良い取材だったのですが、他のOBでこれだけのものが撮れる自信が無くなりました。
協力ありがとうございました。

Posted by: ヨネスケ | Mar 1, 2013, 10:23:54 AM

Post a comment