« 好奇心と遊び心をいじくろう | Main | 濃いいくて、激しくてな夜 »

2013.03.01

オレらにも事情がある

「他人が抱える事情への無理解が、組織コミュニケーション不全の大きな原因」


12年会社をしてきて嫌(本当に嫌)というほど感じてきました(笑)


でも、実際は難しいですよね。


皆がみな同じような仕事をしていれば他人の抱えている事情を把握したり、推測したりすることは難しくはないと思うのです。


でも、会社には営業とか開発とか総務とか経理とか制作とか広報とか、いろんな職種があって、それぞれがどんなことをやっているか分かりにくいわけです。


つまり、産業革命以来の分業制って働き方は、「他人の事情が理解しにくい」という副産物を生み出しているわけです。


で、ネットや携帯の普及、雇用形態の多様化がそれに拍車をかけているわけです。


別に、他人の事情など理解しなくても仕事は進みます。


けど、他人の事情を理解した方が仕事は楽に進みます。自分がイラッとくるエネルギーが減りますからね。


ここは、「私にはこういう事情がある」ってのをそれぞれがオープンにすることから「お互いさま」の風土をつくりたいですね。


かくいう、自分ら経営層にも「オレらの事情」ってのはいっぱいあります。


で、それらの多くは同じ立場にならないと理解不能な「事情」です。中には、きっと想像することさえ思い浮かばないであろう「事情」もあったりします。


最近の自分の心象模様は「『オレらの事情』なんかどうせ話をしても分からんだろうしな」って思う気持ちが半分。


あと半分は、「こうした社長の事情ってのを世の中に出していくことって重要だよな」だったりします。


夜の酒場には「オレらの事情」ってのがネタ話だとか、グチ話だとかに形をかえてたくさん存在していますからね。


それらに光を与えることはそれなりに使命のあることではないかな、と。

March 1, 2013 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オレらにも事情がある:

Comments

Post a comment