« 『ヒーリングフードオラクルカード』明日発売 | Main | 私は旅心を忘れない? »

2013.04.12

部下との話は短くする。が、ダイアログはこの限りではない。

「部下との話は短くする」


なぜなら•••


「人は情報を上書きするから」と口にするのは自分の師匠筋。


あれこれ話をすると、部下はどんどんと情報が上書きされていって最初に話をしたことはほとんど覚えていないから、という。


「エネルギーをむやみに減らさないため」と口にするのは先輩経営者。


人と人とのやりとりは、なんだかんだいってエネルギーを消耗する。そのエネルギーの消耗をコントロールすることは大事なことだ、という。


「ボロを出さないため」と口にするのは別の経営者。


話が長くなると「昔はこうだった」だとか「俺はスゴいでしょ」といった話さなくてもいい話に流れてしまいがちだから、という。


どれもこれも実体験からくる素晴らしい叡智。かくいう自分も「部下との話は短くする」に賛成な1人です。


•••が、案外とこれって難しいんですね。


あれもこれもってのがどんどんとでてきてしまうわけです。


「このままだと情報が上書きされるなあ」と思っても話を続けてしまってしまうこともあったりするわけです。


「これって、なんでかな?」と考えてみたのですが、多くの経営者が持つ「動いていないとなんとなく不安になる」って気質が根底にあるんでしょうかね。


だもんで、意識的に意識的に「話を短く」をやろうとしているわけです。まあ、仕事を通じた修業みたいなものです。


で、最近気がついたことがあります。


自分は、「部下との話」を通じて頭の中やアイデアを整理していることがあるんですね。


だから、そこで展開されている話とはまったく関係のないことが頭の中をグルグルと駆け巡っていることがたたあるわけです。


人によっては「社長は話を聞いていない」と格好の餌食になるのですが、実はこれは大事な大事な時間でもあるのです(笑)


「必要なことを必要なだけ会話をする」ってので確かに仕事は回ります。効率的に仕事を回すという意味では「部下との話は短く」ってのは大事です。


けど、何かを生み出したり、考え方を昇華させたり、忘れていたことを思い出すには周囲とのダイアログ(対話)は不可欠ですね。


最近の自分。


「部下との話は短く」とは思いますが、「ダイアログについてはその限りではない」と思うようになりました。


「ダイアログできる力」ってのは、教養や一般常識やコミュンケーションってのが根底に存在する一つの仕事の能力です。


小説家の司馬遼太郎さんが「奥さんに話をすることで小説の構想をまとめていた」とどこかで読んだ記憶がありますが、きっとダイアログ力があるご夫人だったんでしょうね。

April 12, 2013 in 人間関係に関すること, 尊敬する人、または師匠筋, 言葉について |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41436/57157665

Listed below are links to weblogs that reference 部下との話は短くする。が、ダイアログはこの限りではない。:

Comments

Post a comment