« 創造性を開発する | Main | 「なりたい自分」に固執しない »

2013.04.02

この時期は、初心を考えるにいい機会があふれている

自分が社会人になったのは、平成5年の3月29日、風の強い日でした。


新宿にある会社の会議室で会長、社長、本部長の訓話を聞きました。


「一隅を照らす」という話が印象的でしたね。


いま、自分がおかれている環境は何かの縁起で与えられたもの。だから、精一杯努力して、光り輝きなさい。そんな丹念な仕事の積み重ねが、月日の経過とともに思いもよらぬ力になっていくでしょう。


みたいな精神的な話でした。


で、社会人になりたての自分にはその話はすーっと入ってきたわけです。「おっ、頑張るぞ」と動機づけされたわけです。


けど、1年とか2年とかして「会社って思っていたことと違うよな」ということが増えてくると、「あの時の話も、何かしらの操作性があったんじゃねえか(うん、きっとそうに違いない)」などと思うこともあったわけです。


でも、よーく考えてみると「新入社員に向けた『一隅を照らす』って話」そのものは何も変化がないわけです。


それを受け取る自分の心、その心が変化をしてきてその時の自分にとって都合のいい解釈をしているだけなんですね。


で、今の自分は「本部長、一時期、疑ってごめんなさい。『一隅を照らす』ということの大事さを自分なりに感じました」と思うわけです。


今春、自分は社会人になって20年になります(途中2年間の無職期間含む)。


知識だって情報だって人間関係だって、たぶんあの頃とは比較にならないほど増えました。


けど、「全てを吸収しようとする柔軟さ」だとか、「将来、こんなふうになってやろう」みたいな心意気だとか、はたぶん働きはじめた時の方があったような気がするんです。


挨拶とかすんごい真面目に大きな声でしてたし、自発的に掃き掃除なんかしてたし(笑)


「初心忘れるべからず」なんていいますが、たぶん「初心」なんてそうやすやすと戻ることのできないものなんです。


仮に、「初心」に口があれば、「お前ら(経験者ですね)がそんなに簡単に戻ることのできねえもんだよ」とかいうような気がするんですね。


昨日は、街に新入社員と思しき人がたくさんいました。


「あの人は新入社員だな」ってのが今の時期はなんとなくわかるのですが、半年もたつとまったく分からなくなるのは、それぞれが初心から徐々に離れていくからなんでしょうかね。


この時期は、初心の頃の自分に近づかんとな、と思えるいい機会です。


これから社会人になる人は、「一隅を照らす」つもりで頑張ってくださいね。


ってか、自分も「一隅を照らす」ように頑張ります。

April 2, 2013 in 仕事のことについて, 初心を忘れないということ, 言葉について |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41436/57088556

Listed below are links to weblogs that reference この時期は、初心を考えるにいい機会があふれている:

Comments

Post a comment