« この時期は、初心を考えるにいい機会があふれている | Main | ダイアナ・クーパーさん来日 »

2013.04.05

「なりたい自分」に固執しない

「なりたい自分」(または、「本当の自分」)


ってキャッチコピー(?)をビジネスの場に持ってきた人ってのはスゴいですね。


「個人の欲望を開拓する」ってのが資本主義とはいえ、これほど的確に「人間の成長欲求」に訴えるコピーってのはそうそうないでしょう。


資格ビジネス、スクール、旅行、転職•••さまざまな業種がこのコピーが持つ世界観のお陰でビジネスを展開してるわけです。


でも、「なりたい自分」に実際になったら人はどうするんでしょうかね?


「会社を経営したい」「司法書士の資格をとりたい」「セラピストの技術を身につけたい」「留学して語学を学びたい」•••実現したら、人はどうするんでしょうかね?


自分がいうまでもなく、ほとんどの場合で次の「なりたい自分」ってのが出てきます。資本主義は「欲望を次々と開拓すること」がベースにありますから、僕らは無自覚のうちにこうした思考回路に入っているからです。


で、その「なりたい自分」になると、次の「なりたい自分」がでてくる•••


そう考えると、常に「『なりたい自分』になれない自分」って状態であるわけです。


これって、人として幸せな状態なんでしょうかね?


「なりたい自分」ってのは「夢」とほぼ同義語で使われているし、「夢」を持つことは悪いことではないと多くの人が思っている(そんなことないのかな?)この時代下ですが、ここは立ち止まって考えてもいいことかもしれませんね。


かくいう自分。


夢(「なりたい自分」ですね)を持つことは大事だし、それは人として尊いと思ってます。けど、「夢に固執しなければ」という前提ですね。


「夢」には「やる気」だとかを震いたたせるエネルギーがありますが、ほっとくと「現実逃避のいいわけ」だとか「自己愛を満たす手段」に変身してしまうこともあるので要注意ですね。


自分がたてた「夢」から離れる勇気を持つのは、たぶん大事なことなのです。


「夢に向かって今日やったことは何?」という問いかけをして、心の中に何かしらの葛藤があれば、それは自分がたてた夢から離れるサインなのかもしれないかな、と思ったりします。


あとは、「なりたい自分」に縛られて苦しくなるのであれば、「なりたい自分」を設定しない勇気ってのも今の日本には必要だと思うのです。


足るを知る、という考え方ですね。


たぶん、「なりたい自分」ってのがなくなって、そのことに心底葛藤がないのであれば人はすこやかに、幸せに暮らせるのだと思いますよ。

April 5, 2013 in 人間の認知について人間の美意識について言葉について |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「なりたい自分」に固執しない:

Comments

Post a comment