« 子供からは「オジさん」と呼ばれる年代になったけどね | Main | 苦心して創っても、完成した瞬間から陳腐化する »

2013.04.30

なべちゃんのデビュー

1

大学一年からの同期がキックボクシングでデビューしました。


減量したり、人間相手にローキックしたり、ファイトマネー代わりのチケットをさばいたり•••いややや、自分にはできないな。


まじ、尊敬するわ。


いまから25年前。山口から出てきたヤンキーと、埼玉出身の格闘技オタクとが出会ったのは、渋谷の銀杏並木のあたりでした。


元ボクシングをやっていたということで相応に腕自慢だった彼と、極真空手があらゆる格闘技の中で世界最強だという自分とはどう考えても水と油でした。


なんの因果か、そんな縁からスタートしたものの25年にも渡る付き合いになってしまうのですから人間分からんものですね。


学生時代、仲がよかった。けど、社会人になって久々にあったらどうも感覚が違うな、って付き合いってよくあると思うのです。


人間は環境や志向によって、どんどんと変わっていきますからね。当然と言えば、当然。


しかしながら、自分は彼に対してはなんか軸があって歳を経るたびにスゴい男だな、と思うのです。


昔話もできて、今の話もできるって仲間ってのは尊いものですね。

April 30, 2013 in 人間の美意識について格闘技について |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なべちゃんのデビュー:

Comments

Post a comment