« 出会う人は自由自在に選べないんじゃないか? | Main | 『日本の神様とつながる』セミナーがまもなく »

2013.05.13

正義は正しい。けど、それを武器にするのは正しくない。

1

その昔、宗教の勧誘をうけたことがあります。


高校時代の女友達から呼び出されたのですが、雑談もそこそこに「人間には10の悪がある」だとか「廃退した地球を救う」みたいな話になっていったんですね。


で、「一緒にやりましょう!いまやらないと手遅れになります」と。


「全然、興味がない」と話をすると「その理由をいってください」と。


まあ、いきなり呼び出され、聞きたくもない話をきかされて、挙げ句にこれですから無茶苦茶なわけです。


こんな押し問答が続いた結果、「目を血走らせて『廃退した地球を救う』なんていってもムリに決まってるじゃん、バカ」と一言残して帰りました。それが彼女と会った最後の瞬間ですね。


さて、この時の彼女の話。環境やら、教育やら、政治やら•••話としては非常にいい話でした。


いわゆる社会正義に基づく、正論ってやつですね。


でも、正論をいきなり錦の御旗のようにもってこられて「あなたも一緒にやりなさい」はちょっと違うと思うのです。


さて、こんな例を出すまでもなく「正義」ってのはやっかいです。


無意識のうちに人を巻き込もうとしますし、「正義」の外にある人の話を受け入れられなくなりますからね。


言葉をかえていえばおせっかいの押し売りだし、頭がガチガチで思考の柔軟度がないなわけです。


だから、自分の「正義」を正当化する都合のいい情報しか頭に入ってこないわけなのです。


でも、人って「正義」を口にしたい時期ってのもあると思うのです。


万人に共通しているのかはわかりませんが、自分は「人は不安になると正義に固執したくなる生き物だ」と思っています。


正義ってバリアーで自分を覆っていれば、自分の不安ってやつが外界に接することがないですからね。それは、ある意味で自己の安定を意味しますし。


たぶん、人間の脳みそはこういう形で自分らの自我を守ってくれているわけです。


そいや、自分も旅をしていたころはよく「正義」を口にしていたかな、と。


好きなことはしていましたが、仕事はなく、借金もありましたからね。今思えばちゃんちゃらおかしいですが、将来に対しての不安もありましたし。


あの頃に苦笑いをしながら自分の「正義」に付き合っていただいた周囲の皆さまには頭のさがる思いでありますわ(笑)


この映画に「正義は正しい。ただ、それを武器にするのは正しくない」というセリフがありました。


この映画の根底に流れている一つのメッセージなのでしょうが、今の時代を風刺しているようで痛快でした。

May 13, 2013 in 人間の認知について, 観た映画、読んだ本、行ったイベント |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41436/57374102

Listed below are links to weblogs that reference 正義は正しい。けど、それを武器にするのは正しくない。:

Comments

Post a comment