« 出雲にいきました | Main | やれるけど、やらない »

2013.06.03

映画「くちづけ」は必見です

1

映画「くちづけ」公式サイト


「人の人生を根底から変えてしまうエネルギー」


一部の本や映画にはそういう力がありますね。


でも、それらの作品ってのは、単体としては存在しえないわけです。


作品を読んだり、鑑賞をする私たち人間•••個々人の中にある「何かしらの因子」と作品との関係性の中ではじめて存在するわけです。


で、因子と作品とがタイミングよく結びついた時にはじめて、スゴいエネルギーを放出するわけです。「自分にも何かできないか?」って具体的な行動が生まれるわけです。


そう考えると、本や映画に触れるというのは、「自分の因子を探す作業」という側面があるかもしれませんね。


さて、この映画。番宣も見ずに行ったのでどんな映画か待ったく分からずでした。


ポスターを見て「父親から巣立っていく娘さんの話かな?」くらいにしか思わず、橋本愛さんがでてるし、空き時間があったので「まあ行ってみるか」という感じで。ライトなヒューマンドラマだろうな、って感覚でした。


映画の舞台が知的障がい者の自立支援を目的としたグループホームであること、主人公の娘さんが知的障がい者である、という前情報もありませんでした。


それはそれは、ヒューマンドラマであり、社会派ドラマであり、ラブロマンスであり、父と娘のドラマであり•••


観る人のどこかしらの因子に突き刺さるだろうな、という映画でした。


日本語には、「筆舌に尽くしがたい」という言葉と、「百聞は一見にしかず」という言葉があります。


自分なぞでは文章にすればするほどこの映画の魅力から遠ざかってしまうと思いますので、DVDの発売などを待たず、とにかく映画館にいくことをおススメします。


自分にとっては「自分の因子がどこにあるか?」を久しぶりに分からせてくれる映画でしたし、具体的に何かしらの行動を起こそうと思いました。


あと、子供の頃に近くにいた人のことを思い出しました。この映画を観ていなければ永遠に記憶に出てこなかった人ですね。

June 3, 2013 in 観た映画、読んだ本、行ったイベント |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41436/57515255

Listed below are links to weblogs that reference 映画「くちづけ」は必見です:

Comments

Post a comment