« 国境を陸路で超えるということ | Main | 伊勢にいきました »

2013.06.19

次の渡航計画が決まりません

定期的に海外に行かないと、身体の中に澱のようなものがたまっていくようです(笑)


家も、車も、装飾品も別に欲しくはないのですが、「海外にいく」という体験だけは生涯をかけて集めていきたい。


テレビを見た時に、「ああ、あそこじゃん!」ってのが一つでも増えると「面白い人生だなあ〜」とか思うのです。


食べたことないようものを食べて、知り合ったことないような人とであって、メディアで流布されている情報とのギャップを肌で感じて、自分の小ささに気がついて、あとはちょっと酒飲み話のネタにあるような体験があったりする・・・


これは、自分の価値観ですから押しつけも、共感を求めもしませんけどね。


ん・・・?でも、思います。


「若者よ、借金してでも海外にいけよ」とね(笑)


そんなこんなで、次の渡航計画を考えてます。


ブータン、マレーシア、トルコ、ウズベキスタン、シリア、イタリア、ミャンマー・・・いろいろとネタにあがるのですが、天気の問題だったり、政情の問題だったり、ご飯がまずいのは嫌だなとかあったりでなかなか決まらず・・・


どこにいこうかな状態です。


長い旅をしている人の利点は、「とりあえずどこかにいってから先は考えればいいや」って旅をできること。


自分はかつて三ノ宮から上海まで船にのって旅にでたのですが、上海でぼけっとしながら行き先を考えました。


たまたま、天津飯が食べたかったので天津に向かいましたけどね(けど、天津には天津飯がなかったです 笑)。で、ながれで北京にいって、モンゴル、シルクロードの方までいくことになったのです。


日々のなりゆきが自然と道を形つくる


思えば、これって旅だって仕事だって同じだな、と。


それと反して、今の自分のように期間限定で旅に出る人間は「失敗できないな」って思いがどうしても強く働くから、選択肢が保守的になっちゃうのだよね。


「今回、旅したところは最悪だったな」ってのも、それはそれでおもろいネタになるのは分かってはいるのだけど(笑)

June 19, 2013 in 旅をすることについて、旅をかたること |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 次の渡航計画が決まりません:

Comments

Post a comment