« どっかに市場の隙間はないだろうか?? | Main | 自分がつくった組織に苦しめられる »

2013.12.09

二作目というプレッシャーに立ち向かう勇気

1

『夢と狂気の王国』を観ました。


『エンディングノート』なんて素晴らしい作品をデビュー作でつくったから、監督の砂田麻美さんにとって二作目はかなりプレッシャーだっただろうな。


選んだテーマがジブリ。


もしや、常に生みの苦しみに直面している宮崎駿さんに自分の葛藤を投影したか?


とまれ、


プレッシャーの中で負けずに仕事をすること


この映画は砂田監督のそんな心意気を感じさせる映画でした。


自分を守りたいんだったらもっと無難なテーマを選ぶだろうに、あえて日本を代表する表現界の雄(?)ジブリをテーマにした姿勢が素晴らしいですね。


蛮勇じゃなくて、変に気が強いってのでもなくて、若気の至り的なイキがってる感じもしない・・・たんたんとしているけど芯が強くて動じないって感じ。


こういうのを勇気、というのだと思います。


自分は前作から引き続きこの監督が作中で行うインタビューが大好きですわ。どこが琴線に触れるかはよくわかりませんが(笑)

December 9, 2013 in 人間の美意識について, 観た映画、読んだ本、行ったイベント |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41436/58725318

Listed below are links to weblogs that reference 二作目というプレッシャーに立ち向かう勇気:

Comments

Post a comment