« 「成長」は周囲の評価で感じられるもの | Main | 「スーパーヒーローな一面」に光をあてる »

2013.12.30

使命に「命」を「使」われる

使命、って言葉があります。


この言葉、「命を使う」とも「命を使われる」とも解釈できると思うのです。


自分の「命」を「使」って使命に邁進する


うん、言葉としてはおかしくありませんね。


けど、自分は


自分の「命」が使命に「使」われる


というのが本来の姿じゃないかと感じるのです。


自分らは仕事を選んでいるんじゃなくて、仕事に選ばれているんです。


自分らは本や映画を選んでいるんじゃなくて、本や映画に選ばれているんです。


同様に、


自分らが使命を見つけるんじゃなくて、使命の側に見つけられているんです。


使命の側に「命」を「使」われているんです。


「この人間に任せたら形にしてくれそうだ」


と使命の側から選ばれているんです。


人間はオバカですから、エゴや小我からくる欲求を「使命だ!」として認知してしまいがちな生き物です。


ただ、なぜか不思議ですが、使命に選ばれていない仕事はなかなかスムーズに事が運びませんね。


逆に、使命に選ばれた仕事は難問を簡単にクリアーできたり、予期せぬ出会いがあったりと摩訶不思議なことが次々と起こりますね。


それは、使命に選ばれた人間に与えられた通行手形みたいなもなのかもしれません。


使命に選ばれるために、自分らは力を磨くわけです。自分にくる「できごと」に逃げずに対応するわけです。


そう、それは実力を磨いてオーディションへと臨む役者の世界のようなものですね。


今年の年末年始は9連休。


日頃の疲れを癒すのも大事ですが、使命を与えられるような過ごし方をしたいものです。


来年も自分自身に使命が与えられますよう。

December 30, 2013 in 人間の成長について, 仕事のことについて, 精神的なこと |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41436/58846878

Listed below are links to weblogs that reference 使命に「命」を「使」われる:

Comments

Post a comment