« 自分がつくった組織に苦しめられる | Main | 人間に自由意志があるのかどうか、ということ »

2013.12.11

「なりたい自分」ってのは自分でつくることができるのか?

仕事をしていると、周囲の人に期待をされるわけです。


資料制作をお願いされたり、交渉ごとを頼まれたり、アイデァ出しをお願いされたり・・・


その期待に答えると、次の期待がやってくるわけです。


で、その期待に答えると、また次の期待がやってくるわけです。


この循環を繰り返していくうちに、人は自分が思いもよらなかった世界を生きていることに気がつくわけです。


「へえ、自分はこんなところにたどりついてしまったな」


そんな世界観だと思うのです。


自分が意図している通りに周囲が自分に期待をしてくれるのが、人間としてのベストな生き様だと思います。


例えば、「建築家で食べていきたい」という人が、建設会社から設計の依頼(=周囲からの期待)がガンガン入る、という感じですね。


けど、多くの場合はそうはいかないわけです。


人間が自由自在に生きていくために必要なのは、「自分がしたいこと」を念頭には置きつつも、「周囲から期待されること」をこなしていくことが大事だと思うのです。


「なりたい自分」ってのは自分自身が作り出すのではなく、「周囲の人間の期待」が作り出す世界なんじゃないかと思いますよ。


「なりたい自分」に固執するな、なんていうと反発抱く人はいると思いますが、「なりたい自分」にこだわるばかりに可能性を見逃している人もいっぱい見てきたのでね。


周囲に期待をされる人としての素養と、期待に応えるだけの力を持っている自分でありさえすれば、人生は勝手に開けていくものじゃないでしょうかね。


どこに開けていくかは分からないって世界観・・・


「なりたい自分」を自分で定めるより、おもしろい生き方だと思いますけどね。


昨日は賞与で皆の前でこのような話をしました。いくらかでも伝わったかな??

December 11, 2013 in 人間が悩むということ, 仕事のことについて |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41436/58736587

Listed below are links to weblogs that reference 「なりたい自分」ってのは自分でつくることができるのか?:

Comments

Post a comment