« なんとも不思議な気分 | Main | 謙虚と自己否定との間 »

2014.01.31

リーダーに「幸せ」の哲学が必要になってきた

人は、誰しもが幸せになりたいわけです。


でも、「幸せ」というのはそれに焦点をあわせても求められないもので、「何かの結果」としてもたらされるものなようです。


では、「何か」をきちんと、正しく行うのであれば「幸せ」になるか?


という話になるのですが、それはわからないわけです。


それは、「きちんと」だとか「正しく」というのは極めて主観的な価値観だからです。


「ワタシは幸せになりたい」という思いが強すぎて、「きちんとやらねばならない、正しくやらねばならない」というのがエゴまみれになっていたら、たぶん「幸せ」は遠のくと思うのです。


「何か」をやって、その先の結果はお任せする


たぶん、古からの叡智は人間にそのような生き方をすすめています。


ポイントは、「何か」に「きちんと」だとか「正しく」だとかの判断を加えないこと。あとは、「結果」に執着をしないこと。


「因果の法則」は世の中に遍く広がっていると思いますが、「原因」と「結果」の関連性など人間の思考レベルで分かるものではありません。


だったら、「結果」に執着するエネルギーを、「原因」(行為)に向けることが大切なのだと思います。


「人はどうしたら幸せになれるか?」


宗教や哲学の専売特許(?)だったこのテーマ。今のリーダー層はこうした哲学を自分なりに持っていないといけないような時代感になってきたんじゃないでしょうかね。


だって、「仕事のやりがい」や「モノに囲まれた生活」には興味がない人がいるでしょうが、「自分自身の幸せ」に興味のない人はいませんからね。


特に、「幸せ」に今ひとつ脆弱感があるようないまの時代の中ではなおさらです。

January 31, 2014 in 仕事のことについて, 感じたこと, 経営をするということ |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41436/59042531

Listed below are links to weblogs that reference リーダーに「幸せ」の哲学が必要になってきた:

Comments

Post a comment