« 食べるからエネルギーがでるのか、エネルギーがあるから食べるのか | Main | なんとも不思議な気分 »

2014.01.27

読む本が減らない

新しくご縁をいただく方に著書をいただくことがあります。


本というのは、「想念の賜物」(「創りたい」「書きたい」という強い思いが書籍という形になったもの)だと思ってますから、必ず読むようにします。


「これから仕事で役立つだろうな」という本も読むようにします。


「この企画を手がけるんだったら、これくらいは知らないとな」という本はできるだけ先回りして読んでおきたいです。


「この人は人間的に尊敬できる」だとか「この人の考え方は好き」という人が推薦した本。これも読むようにします。


って考えると、自分で選んで読んでいる本ってほとんどないんだよな・・・。


まさに、本の方からひっぱられるって世界観。


こんなだから、増える時は読んでいない本がどあーっと増えて、どんどんと本棚や机に積まれていくわけです。で、3冊くらいを同時並行で読む。


これって、「本を読んでるワタシが主体的に未来を開く」じゃなくて、「本にひっぱられてワタシの未来が自然に開かれる」って世界だと思うのです。


いくたの本にひっぱられて、それに追いついていこうとする一人の人間のささいな営み


のような気がするんです。


「この本は面白い」「面白くない」も大事でしょうが、「この本はワタシをどこに引っ張ろうとしてるのか?」と考えるとなかなか面白いなと思います。


人との出会い、本との出会いにワタクシ(自己)の介在する余地なんかたぶんほとんどないのですからね。

January 27, 2014 in 感じたこと, 観た映画、読んだ本、行ったイベント |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41436/59020267

Listed below are links to weblogs that reference 読む本が減らない:

Comments

Post a comment