« 「嫌なヤツ」を考える | Main | 着想したアイデァを丹念に育てよう »

2014.02.18

記憶に残るギフトをいただきました

Dsc_9219

ギフトで「世界のビール」をいただきました。


20本(20ヶ国)もあると、ラベルを通してバーチャルな空想旅行ができるようです。


スゴいのはサッカーのFIFAランキングでセレクトされていること。


ポルトガルやイタリア、ブラジルやスペインなどの「サッカー王国」から、日本や韓国といったワールドカッププチ常連国まで。


サッカーファンであれば、バーチャルなワールドカップの脳内開催ができるかもしれませんね。


「編集力」


成熟社会でモノを売っていくの不可欠なこの要素をまざまざと感じるギフトでした。


こういうセンスがよくて記憶に残るギフトを贈ることのできるアイデァと、それを生み出す心の余裕ってのはいつももっていたいな、と。


ありがとうございました。


追記
「世界のビール」プロレス編をつくってみました。だいぶ偏ってますが、昭和を彩った名レスラーばかりです。


アントニオ猪木(日本)
大木金太郎(韓国)
ダイナマイト・キッド(カナダ)
タイガー・ジェット・シン(インド)
アクラム・ペールワン(パキスタン)
ローラン・ボック(ドイツ)
ブラック・タイガー(イギリス)
ボブ・バックランド(アメリカ)
ウィリアム・ルスカ(オランダ)
サルマン・ハシミコフ(ロシア)
ブルーノ・サンマルチノ(イタリア)
アンドレ・ザ・ジャイアント(フランス)
ボボ・ブラジル(ブラジル)
エル・ソリタリオ(メキシコ)
ジプシー・ジョー(プエルトリコ)


「アメリカがなんでバックランド?」、「ボボブラジルはアメリカ出身じゃん」、「ルスカはレスラーかよ」だとか、かなり異論があるかと思いますが(笑)


気がむいたら加筆します。

February 18, 2014 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 記憶に残るギフトをいただきました:

Comments

青タンさん>コメント遅れました!

ダニー•ホッジはちょっと自分の上世代なんですよね。だから、晩年の試合しか見ていなくてあまり印象がないんです。

デストロイヤーも和田アキ子と漫才やっているイメージしかなくて(笑)

力道山との試合みましたけど、確かにスゴいですね。

パット・オコーナーはセメント系では評価高いですよね。

ってか、各国代表レスラーの記事がいつのまにか強いレスラーの話になってるし(笑)プロレスマニアらしい展開ですね。

来週、この辺の談義もしましょう!

Posted by: 大塚和彦 | Mar 5, 2014, 8:16:35 AM

筆者の関係者さん>すっかりコメント返し忘れてました!すみません。

ビル•ロビンソン 亡くなってしまいましたね。

確かに、イギリスはビル•ロビンソンですね。訂正します!

昭和50年の冬のアントニオ猪木戦見ました?残り数分での切り返しは芸術でした。昭和を彩ったレスラーが亡くなっていくのは寂しいものですね。

Posted by: 大塚和彦 | Mar 5, 2014, 8:13:02 AM

ビルロビンソンは「なら、アメリカはダニーホッジ」って言うと思います。実際言ってるし(笑)


僕のイチ押しは、ディックべイヤー、日本では、ザ・デストロイヤー。


素顔で試合してるモノクロの映像持ってるんですが、キレキレでハンパないです。


デストロイヤーとパットオーナーのセメントマッチ、見てみたいですね。

あと、やっぱり外せないのが、ディックザブルーザー。あの人、恐ろしいです。

Posted by: 青タン | Feb 20, 2014, 8:04:39 AM

ボック、バックランド、キッド

この辺にプロレスに対する一つの指向性が見えますね。だったらイギリスはビル・ロビンソンじゃない?

Posted by: 筆者の関係者 | Feb 19, 2014, 7:07:10 AM

Post a comment