« 「作り手の人格」を込める作業 | Main | なんかせつないできごと »

2014.02.28

シンクロがやってきた

「いつかこの方にはお会いしそうだな•••」


一昨日の朝、某新聞にでていたインタビュー記事。


お会いしたことない方だけど、なんか予感があったのでインタビューの内容をちょっとだけメモ。出版人で年齢は同じくらいの方。


で、昨日の午後。


ある打ち合わせで、同席をしていた方からこの方のお名前がでてくる。どうやらこの出版人と懇意にされているらしい。


で、話の流れで近々お会いできるような感じに。関係各位の打診はこれからなのだが、もしかすると「何かしらの企画をご一緒できるかも」という展開に。


「シンクロ」


こういうできごとを、そう呼ぶのでしょう。


けど、「シンクロ」って驚いたり、喜んだりする類いのものじゃなような気がしていて•••むしろ、ある条件が揃っていさえすれば「シンクロ」が起きることが普通な状態なんじゃないか、と。


「いつかこの人にお会いしそうだな」


と自分の心が動いたこと。たぶん、これは自分の意志ではないわけです。


直感、というと安っぽくなってしまいますが、きっと自分ではないどこからかもたらされたものなのでしょう。


そんな世界観の中では、「できごと」が向こうの方から自分を追っかけてやってきます。


「シンクロ」なんてビシバシと起きるでしょうし、いろいろなことがなぜかスムーズにすすんでいくわけです。


こちらから「できごと」を追いかけていく世界観とは対極ですから、エネルギーも少量で済みますし、なによりも障壁がどんどんとクリアーしていくのが心地よい。


たぶん、「できごと」を追っかけている感覚があるときは「シンクロ」なども無縁。それは、「直感」ではなく「エゴで考えた『直感』もどき」だから。


「もどき」はどこかスムーズさにかける、どこかつっかかりがある•••


「もどき」とそうでない世界とはたぶん形こそはにていても、対極にある世界なのでしょう。


シンクロに一喜一憂するのではなくて、「あー、やってきたか」って淡々とした世界観なのかな、と感じます。

February 28, 2014 in 人間の成長について, 人間の認知について, 感じたこと |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41436/59213750

Listed below are links to weblogs that reference シンクロがやってきた:

Comments

Post a comment