« 銀座4丁目ソニービル前の交差点より | Main | 自分の強みを活かせないのはなぜか? »

2014.03.07

『日本の神様カード』ミニ版 校了

1

2008年3月の発売以来、13刷のロングセラーとなっている『日本の神様カード』にミニ版(トランプ大)が登場します。


先日、校正がでてきました(上の写真、カードパッケージが現カードのサイズです)。


小さくてコンパクトで持ち運びに便利で・・・まずます神様が身近になることと思います。


「日本の色をつかった花札のようなカードで、日本の神様からのメッセージをいただける日本発のオラクルカード」


というひらめきがあったのが、2006年冬のこと。飯田橋(東京都千代田区)の喫茶店でした。

その場で、フリーの企画者として活躍される宮澤大樹氏(龍音堂代表)に電話し、「『古事記』で描かれている神様のメッセージを、直接神社にお参りをして受け取ってみてはどうか?」


というアイデァが生まれました。


ここから『日本の神様カード』はスタートします。


以降、


私と同時期にあるインスピレーションを受けていた著者・大野百合子さん。


なかなか候補者が決まらない中で、ようやくと決まったイラストレーターのDenaliさん。


せっかく世の中に出すならちゃんと監修をしていただこうとのアドバイスをいただいた林武利氏と國學院大学神道研究所の職員の方。


監修を引き受けていただいた私の母校・國學院大学の三橋健先生と研究室の皆様・・・


「どこから手をつけていいか分からない」と暗中模索状態からスタートしたカードは、何かの導きがあったとしか思えない出会いや不思議なできごとの数々で1年と数ヶ月で世にでました。


「自分たちがつくったのではなく、何か大きな存在につくる使命を与えられた」


と思うしかありませんでした。今思うと、カードの着想から完成、流通までのすべてが、自分たちではない存在の意志に基づくものではないか、と。


今回、ミニ版発売を記念し東京、長野、北九州で講演、ワークショップが開催されす。


私も3カ所全てに参加させていただき、「『日本の神様カード』制作のものがたり」をお話しさせていただきます。

長野会場 4月 5日(土)『日本の神様カード』著者・大野百合子さんワークショプ

東京会場 4月12日(土)『日本の神様カード』監修・三橋健先生講演

福岡会場 5月18日(日)『日本の神様カード』著者・大野百合子さんワークショプ


カードの制作を通して感じた「神ながらの道」。人間がしあわせに生きるためには、こうした生き方へのパラダイム変換が大切ではないでしょうか。


よろしければぜひご参加ください。


カードは今日、校了。4月17日(木)全国発売です。

March 7, 2014 in 仕事のことについて |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41436/59252740

Listed below are links to weblogs that reference 『日本の神様カード』ミニ版 校了:

Comments

Post a comment