« 「なぜか好きな国」を訪れてきました | Main | ミャンマーの「パワースポット」を訪れて »

2014.04.24

いてもたってもいられない

1


多くの職業人をバックパッカーの世界へ誘った(?)『深夜特急』(沢木耕太郎著)を久しぶりにランダム読みしました。(旅にでると、選ぶ本が変わりますね 笑)


なめらかで美しい文章だな・・・20年前に初めて読んだ頃とまったく変わらない新鮮さですね。本質的な価値を持ち長く読み継がれる本のみが持つ存在感・・・。


「デリー(インド)からロンドン(イギリス)まで乗り合いバスで行けるかどうか?」


という仲間うちの話から、26歳のルポライターだった著者は旅にでるわけです。


私は、春のある日、仕事の依頼をすべて断わり、途中の仕事もすべて放棄し、まだ手をつけていなかった初めての本の印税をそっくりドルに替え、旅にでた。


せっかく軌道に乗りかけているのに、今がいちばん大事な時ではないか、と忠告してくれる人もいた。だが、ジャーナリズムに忘れ去られることなど少しも怖くなかった。


それより、私には未来を失うという「刑」の執行を猶予してもらうことの方がはるかに重要だった。


執行猶予。恐らく、私がこの旅で望んだものは、それだった。


確かに、酔狂なことをしたかった。デリーからロンドンまで、乗り合いバスを乗り継いでいくという、およそ何の意味もなく、誰にも可能で、それでいて誰もしそうにないことをやりたかった。


しかし、それは自分や他人を納得させるための仮りの理由に過ぎなかったのかもしれない。(第2巻 P174〜175)


たしか、26歳の自分もこの辺に触発されて旅にでたわけです。


どこか社会というカタにはめられるような違和感。


なんとなく、特急電車に乗ってしまって途中下車できないような息苦しさ。


自分がすっとばしてきたそれぞれの駅には、「観たことない世界が広がっているのかもなぁ」と考えると、いてもたってもいられなくなったわけです。


「いてもたってもいられない」


たぶん、こんな思いがやってくるというのはGOのサインなわけです。


けど、「いてもたってもいられない」を抑圧するのが日常化してしまうと、このサインと受け取るアンテナが鈍ってしまうわけです。


できれば若い多感なうちから。


歳取っても、歳取ったなりに。


「いてもたってもいられない」を育てていきたいものだな、と久しぶりにこの本を読んで感じた次第です。

April 24, 2014 in 感じたこと, 旅をすることについて、旅をかたること |

Comments

同じ本が二冊ある。うちも同様です。『深夜特急』もたぶんそうです。本を読む宿命と受け止めましょう(笑)

Posted by: 大塚和彦 | May 8, 2014 6:58:15 AM

俺フレ&イタリアンさん>コメントありがとうございます!『破れざる者たち』も『テロルの決算』もいいですよね。

「テロル〜」は確か新聞記事の殺人事件の報道から沢木さんが着想を得たと思うんですが、「ああ、こういうささいなことからこれだけの物語をつむいでいくんだな」と読んだ気がします。

榎本喜八さんのところ、内容は忘れちゃいました。折みて観ておきます!

『道は開ける』を読み直しているということは、試練にぶつかっているということですね(笑)こないだ、「心配事の多くは実現しない」といったタイトルの本があって、「カーネギーのパクリじゃないか?」と思いました。 

やってきた試練に立ち向かう勇気をもらえるといいですね。

Posted by: 大塚和彦 | May 8, 2014 6:56:27 AM

昨日、家に帰って書棚を見たら「敗れざる者たち」二冊ありました。


同じ位の時期に買ったと思われ…。


多分実家に読み込んだのが他に一冊あり…。


整理整頓好きな女房が、敢えて二冊並べて置いてあったのが、何だか悔しい(笑)

Posted by: 俺フレ&イタリアン 大森もよろしく | May 2, 2014 7:46:23 AM

沢木耕太郎さん、大好きですね。特に「敗れざる者たち」。何度、読んだことでしょう。


あと、「テロルの決算」

好きだな~。


今、「道は開ける」何度も読んでます。熟読(笑)

高校の時の愛読書ですが、全然違うストーリー読んでる気がします。


ちょっと、「敗れざる者たちから」榎本喜八さんの物語読みたくなったので、帰って読みます。


ありがとうございました。

Posted by: 俺フレ&イタリアン | May 1, 2014 9:54:45 PM

Post a comment