« センスは知識からはじまる | Main | 夏越の大祓にいきました »

2014.06.26

怖いできごとをきちんと怖がるのはむずかしい

1


人は進化の過程で、不安や恐怖の感情を強く保持し続けてきた、だからこそ、現在の繁栄がある。


でも自然界に天敵がいなくなってからは、その本能は同族に向けられるようになった。


こうして自衛意識が暴走して戦争が始まる
。(『朝日新聞』2014年6月26日・作家 森達也「あすを探る」)


「怖いできごとを正しく怖がることは難しい」


自分の師匠が、たびたびこう口にすることを思い出しました。


「怖がる」というのは人間の本能。本能の中でも人の心をグワングワンとかかき回すパワーがあって、「すわっ、ここから逃げ出したい」と人を駆り立てるのが「怖がる」という感情。


だから、できごとを実際よりも大きく、実際よりもしんどくする認知が働いてしまうわけですね。


「オレの怖がっているできごとの実際の姿は果たしてこれで適正か?」


「怖がる」に直面したときは、いやーな感情を身体できちっと感じきる。で、どこかひとごとのような視点を持って、「怖いもの」の姿を正常に近づけていく・ ・・そんなことが大切なのか、と。


国と国との関係はもちろん、個人と個人の関係も、「自衛意識が暴走して戦争が始まる」って結構あるわけで・・・


自衛意識が人間の本能である以上、国にも人にもこれをコントロールするという叡智が求められるわけです。


「過剰な『自衛意識』は、愛のエネルギーをもって吹き払う」しかないんじゃないでしょうかね。「なにを荒唐無稽な!」という意見は百も承知ですが。。。


国際関係やビジネスの社会でこの手のことが通用するのかどうかわかりません(一部取り組み中)ですが、「過剰な自衛意識の先にある世界」が、人間が進化と成長の先に目指す方向であるとは到底思えないのですよね。


なーんてこの記事読んで思いました。

June 26, 2014 in 人間の認知について感じたこと |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 怖いできごとをきちんと怖がるのはむずかしい:

Comments

Post a comment