« 『レッツ!タロット』が9月22日発売します | Main | 世界の聖者を訪ねていたころの話 »

2014.09.04

そろそろ来年の手帳の時期ですね

Unknown

ぼちぼちと来年の手帳が出揃う時期になりましたね。


社会人になって20年、自分の場合は数々の手帳をとっかえひっかえしてきました。


はじめは、会社支給の手帳。シンプルな手帳でしたが、社会人としての実感をヒシヒシと感じましたね。


そして、産業能率大学の手帳に。「オレは会社には染まらない」という今思えば訳の分からない自己主張だったかもしれません。なんだかイヤな若い社員ですね。


その後、26歳で旅人になったので手帳を持たない時期が数年。この頃は、紙切れが予定表でした(笑)


28歳で社会復帰してからは、安いビジネス手帳を使って、20代後半では「成功哲学の手帳」(今となっては恥ずかしい。高かった!)みたいなのを手に取って・・・


2001年に創業してからは「フランクリンプランナー」を使ったけど使いこなせなくて、「能力開発の専門家」を自称するコンサルタントのつくった手帳をつかって、でも結局は単純なA4ノートに落ち着いて・・・


で、数年前からフツーのビジネス手帳にもどって、とたどってきました。


2014年は、「エンジェルダイアリー」を使いました。

Square1php

ん?エンジェル?


そう、『エンジェルオラクルカード』で著名なドリーン•バーチュー博士のメッセージがちりばめられた手帳です。


「来年の手帳どうしようかな?」と思っていた昨年の秋、会社の商品として扱っていたこの手帳がたまたま目の前にあって・・・なんとなく「今年はこの手帳だ!と思って、社販で購入したんです。


手帳は毎日ながめるものですから、相性が必要ですよね。一年付き合ってみて、自分にはとてもいい相性の手帳でした。


過去に使った「成功系の手帳」は、どこか追い立てられるような感覚がするんですね。


いろんなフォーマットや計画表を見るたびに「お前、足りないじゃん。頑張れ!」と毎日いわれているような気がするんです。まあ、それだから「成功」するのかもしれませんが(苦笑)


「ビジネス系の手帳」はどこか殺風景なんですね。


使いはじめに真っ白な手帳をながめた時に、「一から創りあげるのが仕事だろ」と怖い上司にいわれたような感覚がするんです。


「エンジェルダイアリー」は、自己主張せず、さりとて使い手をほったらかしにするでもなくちょうどいい案配でした。


私はやらなかったんですが、願いごとや目標を定めて大きな存在のサポートが欲しい、という方には使い心地のいい手帳だと思いました。


『エンジェルダイアリー』2015年版が11日に発売。当社でも取扱いをはじめました。


手帳は毎日ながめるものですから自分にとって納得のできる選択をしたいものですね。「エンジェルダイアリー」は実際に1年使ってみておススメの一冊です!

September 4, 2014 in オラクルカード&タロットカード |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference そろそろ来年の手帳の時期ですね:

Comments

Post a comment