« そろそろ来年の手帳の時期ですね | Main | 11/15に 旅に関するお話しをさせていただきます »

2014.09.27

世界の聖者を訪ねていたころの話

1

ロンポークン猊下

2

ターマニャー猊下


長旅をしていた1997年頃、聖者グッズがマイブームでした。


ミャンマーで、タイで、チベットで、ネパールで・・・現地で発売されているお坊さんや宗教者のグッズに心奪われました。


インテリアとしてお洒落ではないですし、実用的でもまったくない。長旅をしていたので、荷物は少しでも軽くしたい・・・


けど、旅をしていくうちにどんどんと増えていきました。


で、旅を続けていくと、これらの聖者に謁見できる可能性があることが分かりました。


インターネットの超黎明期、ガイドブックにだって一切載っていない中で頼りになるのは人からの情報だけ。


「この方はどこにいらっしゃるか知ってるか?」と現地の人に聞いて回ると、どんどんと謎(?)がひもとかれていきます。


そして、不思議な不思議な関連情報もどんどん集まってきます。


「このお坊さんは空を飛ぶんだ!」「この方に謁見する日は雨が絶対に降らない!」「テレポーテーションをするんだ!」「いま、200歳らしい!」「この方がいるだけで汚い水が浄化されるんだ」・・・


それはそれは、「不思議なものを見てみてたい」という旅人心をいたく刺激するいとなみでした。


タイではロンポークン猊下、ミャンマーではターマニャー猊下、インドではダライラマ猊下・・・


ある方からはハンドパワーなるエネルギーをいただき、ある方からは「一つだけ質問してもいい」といわれ、ある方からは食事をご一緒させていただき、ある方からは特別なプレゼント(お札)をいただき・・・


どこでも大歓迎でした。


まあ、ダライラマ猊下以外は日本からやってくる人なんかほとんどいないから当然でしょうが。。。。


「スピリチュアル」だとか「パワースポット」だとかの言葉も浸透していないような時代。一体、当時の自分は何をしようとしていたんでしょうかね?(笑)


先日、自宅玄関に飾ってあるロンポークン猊下の置物とふと目があったので書いてみました。


記憶ではこのお坊さん、タイのナコンラチャシーマーという街から車で2時間ほどのワットバーンライというお寺にいらっしゃいました。商売繁盛のお坊さんとして人気が絶大でした。


謁見した時に私に向かって一言なにか口にされたのですが、言葉がまったくわからず。。。。


今となっては確認するすべはないですが、あのときのお言葉が何だったか妙に気になってきました(笑)たぶん、未来を暗示させる言葉だったのだろうなあ。。。

September 27, 2014 in 旅をすることについて、旅をかたること訪れた場所のこと精神的なこと |

Comments

Post a comment