« 武蔵一宮 氷川神社にまいりました | Main | 『日本の神様カード』公式DVD 今日発売です »

2014.11.11

歴史って人の頭の数だけあると思うのです 

20141111_082440

『週刊文春』にジャーナリスト本多勝一さんが出てて驚いた。「南京」をめぐっての両者の対立は40年以上に及ぶしね。


自分は南京の虐殺記念館に行った時に「この中庭に敷き詰められている砂利は30万あります。これ一人が虐殺された同朋の命なんです!」とガイドから聞かされた時に、「むむむ。。。どなんだろね?」と感じましたね。


展示の最後に本多さんら「南京肯定派」の本が多数飾ってあったのが妙に記憶に残ってます。


ワタクシは研究者でないから「南京」の事実には迫れませんが・・・けど、歴史って人の頭の数だけ存在すると思うのですよね。


年末までこの公開討論は続くようですが、どう考えても噛み合わないでしょう。すでにはちゃめちゃな討論、編集者はどうまとめるのかしら??

November 11, 2014 in 人間の認知について, 観た映画、読んだ本、行ったイベント, 訪れた場所のこと |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41436/60633409

Listed below are links to weblogs that reference 歴史って人の頭の数だけあると思うのです :

Comments

Post a comment