« 今週はDVDの試写からスタートです | Main | アートを通して、自分と対話してみよう(イベント参加のお誘い) »

2014.12.09

『古事記』はいつかいきなり読めるようにはならないので・・・

20141209_080429


「12、3歳までに歴史を学ばない民族は、例外なく滅びていく」


歴史学者のトインビーが口にしたというこの言葉、FBやブログで多くの方がとりあげているのを見てきました。


それだけ、現代人の心を打つ言葉なんでしょうね。


「例外なく民族が滅び」るかどうかはわかりませんが、日本の歴史書『古事記』を読み、伝えていくことは日本人のたしなみとして大事だと思います。


けど、「いつか『古事記』を勉強したい!」と思っていても、この本は読めるようにならないかと。「いつか英語を話したい」と思っていてもしゃべれるようにならないのと一緒ですね。


この本は物語の前提から入るので、一章から丁寧に読んでいくと挫折していく本です。


「物語の構造と根底に流れている心」


これらをよく知っておられる方のナビゲートなしに突き進むのは、ちとむちゃくちゃだと思います。単にストーリーをなぞるだけだと、物騒としか思えない話もでてきますしね。


大祓詞を教えていただいた小野善一郎先生(湯島天満宮権禰宜)の『古事記』講座が、ただいま二子玉川&横浜で開催されています。


「言葉に魂が宿る」そんな教え方をされる先生でして、私は、先生に習ってから大祓詞がイキイキと躍動していく感を味わいました。お時間ある方はぜひ!私も東京の部に参加します。


10805648_751655124910624_7007101370


12/28(日)東京 「日本を元気にする古事記のこころ」

1/ 9(金)横浜 第6回古事記勉強会「日本人の心を取り戻そう」

December 9, 2014 in 精神的なこと |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『古事記』はいつかいきなり読めるようにはならないので・・・:

Comments

Post a comment