« February 2015 | Main | April 2015 »

2015.03.26

苦悩の時には、ノウハウはまったく役にたたない

20150326_105630


「なんでこんなことが起こるの??」


かつて、仕事の人間関係をめぐる「苦悩」に直面したときがあります。


自分が見ている現実と、周囲がみている現実とのギャップにただただ驚き。意味が分かりませんでしたね。


「オレはおかしくなったか?」と思って臨床心理士のセッションを受けにもいくわけです(笑)(徹底的にやってやろうと思って結局、3年行きました)


その頃、当たり前のことに気づいたのです。


「苦難の時に、経営や人間関係のノウハウはほとんど役立たない!」(当たり前じゃん、、、ですが)と。


何の因果か31歳で創業し、経営をすることになりました。


何もわからないのでとにかくがむしゃらに経営だとか人間関係の本を読みました。その手のセミナーにもお金を使いましたし、テープやDVDの教材もとにかく買いました。


世の中は、「中小企業の社長が勉強するブーム」に溢れていた時代でした。有象無象のマーケッターやコンサルタントがキラ星のごとくでては、どんどん消えていく時代でした。


それらの方のノウハウは、場面場面では役立つこともありました。


これらがあったおかげで基礎体力みたいなものもできた感もありますし、どこか自信にもなりました。


ただ、


●人間が心底苦悩に直面したとき


●意識の力(ポジティブシンキング)なんかじゃ乗り越えられないとき


には、まったく役立たないことに実体験として気づいたのです。


考えてみれば、あたりまえ。経営のノウハウなんてのは、数百年の歴史の風雪に耐えた普遍的なものなどないですからね。


「環境」「条件」などの変数が変われば、一気に使えなくなるものばかりだし、「人間の個性」っていう大事な部分を度外視したものばかり。。。


私は「いままで役にたつ!」と思ってたものが何ら使えない状況の中で、どーしたもんか、と思っていたわけです。


そのころ、ふと思ったんです。


「一人の経営者が、与えられた環境や条件の中で、四の五の言わず、自分が直面したできごとにどのように対応していくか」


これが経営じゃねか、と思ったのです。


文章で書くと「へー」かもしれないですが、これは私にとってパラダイムの変換だったわけです。


これまでは、「自分の理想があって、そのためにどうするか?」•••それが経営だと思っていたのです。ビジョンを描いて、理想と現実の間のギャップを埋める作業が、社長の役割だと思っていたのです。


それが、「直面するできごとにどのように対応していくか?」になったわけですからね。


どこか年寄りくさいし、どこか淡白だし、どこかあっさりしてる


それまでは、がむしゃら系でしたから、これを受け入れるのはかなり大変でした(笑)


けど、「その先にこそ自分が目指す経営者像がある」がなんとなくの予感から、確信へとどんどんと変わっていったんです。


そうしたら、日本の古の伝承『古事記』やインドのヨガ哲学『バガヴァッドギーター』など数千年の歴史を持つ本がいままでとはまったく違った形で読めるようになったわけです。


これらの根底を流れている考え方と、自分の志向するものとが同じ線の上にあるような気がしたのです。


それはまるで、「お前の生き方は正しいぞ」といってくれているかの気分。「そんな経営者がいてもいいじゃないか」といわれている気がしたわけです。


これらの物語にでてくる主人公の苦難に自分を投影さえすれば、苦難は苦難じゃなくなる、と感じたわけです。


で、それを会社経営者の立場としていつかつたえていきたいな、と思ったわけです。


社長として経験した「苦悩」、そしてそこでつかんだものは、次の時代の社長の財産になるなと思ったわけです。その思いが「苦悩」を耐えているときの、自分の励みになったわけです。


あさ、ふとこんな過去のことが頭をよぎったので自己開示。ってか、久しぶりのブログ更新なのに記事が長いし(笑)


March 26, 2015 in 人間が悩むということ, 人間の成長について, 人間関係に関すること, 仕事のことについて | | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.03.06

子供の頃から深いものに触れてたのかもなあ

記事の最後に、今後の講座予定あり(プロレスネタは一部の人しか読まないからな 笑)


20150306_074104


Inoki_01


「技をかけられても、風車が回るがごとく身体を任せれば、技がかからない」


アントニオ猪木さんのいう「風車の理論」


改めて読むと、神道でいうところの「神ながらの道」と共通することがあることに気づく。今日は新日本プロレス43回目の創業記念日。


今後の講座予定ですーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【3/28(土)•石川】
『日本の神様カード』の世界より〜神道や日本の神様、神様カードなど通しての対話
※18年ぶりの石川県。社会人のスタートをきった懐かしい街•金沢での開催です。


【4/12(日)•福岡】
「オラクルカード入門セミナー」
※30種類を超えるオラクルカードを使って、自由自在にリーディングを行います。13:00〜14:30、3,500円と参加しやすい講座です。


『日本の神様カード』セミナー
※大人気、『日本の神様カード』をガイドブックなしによむ講座。直感をつかって自由自在にカードをつかう、を体感いただきます。カードのベースになった『古事記』のお話しも。15:30〜17:30、4,860円


【4/13(月)•大阪】
『バガヴァッドギーターカード』&『日本の神様カード』を人生に活かす2時間講座
※「人生に必要なことがすべて書いてある」といわれるギーターと、日本の古の伝承『古事記』。二つの物語がベースとなったカードを通して、どう人生に活かしていくかをお話しいたします。19:00〜21:00、6,480円


【4/19(日)•徳島】
『日本の神様カード』ワークショップ in 徳島
※カードの著者 大野百合子さんとご一緒します。初めての徳島です。


【5/30(土)•名古屋】【6/6(土)•広島】で『日本の神様カード』使い方講座も開催予定です。詳細は、決まりましたらこちらにアップされます。


↓↓講座開催のお問い合わせはこちらまで↓↓

『日本の神様カード』やオラクルカードの講座を各地で主催されたいという方は、「お名前」「ご連絡先」「ご相談内容」を明記の上、メール(info※visionary-c.com ※=アットマークにしてください)にてご相談ください。折り返し、担当より連絡差し上げます。

March 6, 2015 in 人間の成長について, 格闘技について | | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.03.05

エゴ=1/知識

Einstein002


インド哲学の授業で教えていただいたアインシュタインの公式。


「なんでこの話をそう受け取るんだよ、意味わかんねえ」って人間関係のイライラ。なんとなく、この公式が解明してくれているような気がしてならん。


エゴの絶対任務は自分自身の防衛。知識は自己を防衛するためでなく、自分自身のエゴを消滅させるために使いたいもの。


エゴまみれの身体にひらめきが宿ることはそうそうないでしょうからね。

March 5, 2015 in 人間の成長について, 人間の認知について, 人間関係に関すること, 仕事のことについて | | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.03.04

映画「幕が上がる」を観ました

10402513_1635494673345234_880506570


11026180_1635494730011895_642161718


「なかなか人生オツなものですな」


20歳前後のアイドルが口にしたら「何を生意気な」と思ってしまいそうだが、この映画でももクロが語ると全く違和感なく聞こえるのだから不思議。


ももクロが目指しているのは、自分らのエゴを満たすチマチマした小欲ではなく、永遠に完結しない大欲なのかもしれないな、とこの映画を観て思う。


じゃなきゃ、40歳すぎたおじさん達が「ももクロはスゴい!」といい続けないでしょ(笑)


青(早見あかり)が脱退した時のことをオーバーラップして観ると泣けてきて、ラストシーンでだめ押しです(汗)やられたね。

March 4, 2015 in 人間の成長について, 観た映画、読んだ本、行ったイベント | | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.03.03

神話を学びたいがなかなか機会がない、という皆様へ

Yjimage1


「12、3歳までに神話を学ばなかった民族は必ず滅びる」


イギリスの歴史学者 アーノルド•J•トインビーの言葉です。


戦後の占領政策、GHQの指令で我が国の神話がズタズタにされました。


神道的色彩を有する儀式、慣例、神話、伝説、哲学から物的象徴に至る一切のものを除去(『神道辞典』)され、公に神話が学ばれなくなりました。


終戦が8月、神道指令の発布が12月ですから、その間わずか4ヶ月。


おそらく、彼の国は神話のもつ力を知っていたのでしょう。


神話が苦しい時のよりどころとなること。神話が人と人とを結びつけるものであること。神話が一人一人のアイデンティティを確立させること。


そして、民族の神話という大きな世界を持つものの力強さを知っていたのでしょう。その力強さがよほど脅威だったのでしょう。


「建国記念日を20%の人しか理解していない」


先日そんな報道が出ていましたが、GHQの神道指令がかくも有効だったということなんでしょう。


過去の私は、たしなみとして神話を学びたいと思ってました。ある程度の年齢になって、神話の一つも知らないのはカッコ悪いなあ、という感じでした。


けど、いまは後の世代にきちんと伝えるために神話を学びたいです。


今回、ご縁あって「神話に関するイベント」を企画しました。


1980年代に英国で発売され、現在までベストセラーを続けている『神託のタロット』。ギリシア神話と心理学とが融合した素晴らしいカードデッキを通じて、心と運命の秘密を探る特別講座です


T02200324_0235034613230410443


講師は、このタロットの監修であり占星術研究家の鏡リュウジ先生。


T01900150_0190015013230410442


「さあ、神託のタロットの世界へ。このタロットを展開することで

あなたのテーブルの上に壮大な神話絵巻物が出現します。

そして、その神々のドラマは、あなたの心の中で、

そして運命として現れてくる人生の姿。

心と運命の秘密を、このタロットで探っていきましょう。」

-鏡リュウジ-


神話はその広大な世界観ゆえとっつきにくい方も多いかもしれません。ぜひ、第一線で活躍される鏡先生の講座をきっかけに神話への関心の扉を開きませんか?


神話は私たちが日々を生きていく上で必要な叡智の宝庫。学ばないと損、とまで私は言い切ります!




日程:2015年3月15日(日)
   14:00~16:00(開場13:45~)

会場:日本青年館 302号室



参加料金:4,500円(税込)



お電話もしくはファックスでのお申込


TEL:03-6380-5550(平日10時~18時 担当:本田) 


FAX:03-6380-5560



詳細はこちらです↓↓
ヴィジョナリー•カンパニー チケット受付センター 


March 3, 2015 in オラクルカード&タロットカード, 仕事のことについて | | Comments (0) | TrackBack (0)