« 「ちょっと変わった経営者が語る 20年間のお仕事の流儀」 | Main | カードは人間世界の象徴のようなもの »

2019.06.18

「感覚を残す」ためのブログ

ブログをはじめたのは、たしか2005年くらいのことでした。
「書くことで自分の頭の中を整理したい」「文章が上手になりたい」・・・が当初の目的でした。

当時は、31歳で創業をして数年経ったくらいのイケイケの頃です。

海外から入ったマーケティングや心理学の勉強をし、ビジネスも軌道に乗ってきて、酒場でちやほやされはじめ、身につけるものが変わってきて・・・「経営者は素直でなければいけない」とは頭で理解してはいたものの、どこか全能感を感じはじめた頃です。

当時のブログはいまでも残してあるのですが、読むと行間からどこかそんな空気感がただよってきます。で、その頃、近くにいた人の記憶が紐付けされて、さまざまな記憶が甦ってきます。思わず「全能感を感じていた自分の心境」に直面し、目を背けたくもなります。

こんな個人の内的な感情が、地味にストックされていてアーカイブになっているなんて、スゴいですね。

そんな私ですが、いつからかブログを辞めました。

「ブログぐらいしてなきゃ」みたいなムーブメントがやってきて、「人と同じ流れにはなるべく乗らない」というポリシーの私は静かにブログから身を引いたわけです。

で、それから数年。

いま感じている感覚を残したいな、と思うようになりました。

わたしはいま、雅楽とサンスクリット語の初心者です。いまの初心者の感覚は、経験者になってからは思い出せません。

わたしはいま、新しい仕事を手がけている最中です。いまのスタート時の感覚は、ビジネスが成功してからでは思い出せません。

日々の何気ない日記だからこそ、隠すことのできない感覚。それは、月日の経過とともにすごい財産になるのだな、と50歳を前に思った次第です。

ということで何気ないことを不定期に情報発信していこうかと思っています。

 

 

 

『神様と仲よくなれる!日本の神様図鑑』

  発売記念読書会

 

発売記念 読書会イベントの開催が続々決定!

6月〜7月の開催スケジュールをお知らせいたします。

全国さまざまな会場で開催予定ですので、お近くの会場へ、ぜひご参加ください。

下記リンクをチェック!

https://amba.to/2Q2avCr

 

 

 

 

『神様と仲よくなれる!日本の神様図鑑』

定 価 1,200円(+税)

サイズ 四六版(H188 × W130 × D12 [mm])

発 行 新星出版社

著 者 大塚和彦(おおつかかずひこ)

    株式会社ヴィジョナリー・カンパニー代表/  

         『日本の神様カード』企画者

 

ご注文はこちら

 

 

 

June 18, 2019 |

Comments

Post a comment