« インド哲学って何をするの? | Main | 8月以降の講座予定です »

2019.08.05

サンスクリット語を学んで三年半

Dsc_5969

サンスクリット語という言葉があります。インドの聖典が書かれた言語で、現在は使われていない言葉です。(インドの公用語の一つにはなっているようですね)


ヨガ哲学に興味をもってすぐにこの言葉の存在を知ったんですが、「文法的なルールが難しい」だとか「学べても応用できる場所がない(現在では使われていないですからね)」と聞いて自分には無理だなあ、、、と。語学はもともと強い関心がある分野ではないですしね。

そんな自分のスイッチが入ったのは、3年半ほど前に訪れたヨガの聖地・リシケシ(北インド)でした。とあるスワミが毎日開くサンスクリット語の勉強会にご縁で参加したのがきっかけ。

参加者は外国人ばかり10人くらい。学習の進行によって一人一人にスワミから課題が与えられ、それを嬉々としてこなす姿がとても印象的でした。まるで昔の寺子屋みたいな雰囲気。

Dsc_5970

「あの嬉々とした雰囲気の秘密は一体なんなのだろう?」

そんなささいな疑問がきっかけでサンスクリット語を学びはじめることにしました。

あれから3年半。相変わらず遅々として勉強は進んでいませんが、「あの嬉々とした雰囲気」の一旦はなんとなく分かるような気がしました。サンスクリット語は「魂の言葉」なんて表現をする人がいるようですが、当たらずとも遠からじかと。

何より、私のような人間が3年半も学びが続いていることが驚きです。遅々として進まないけど、止められない。そんな魅力を持つ言葉なのです。

この言葉、学習指導のやり方次第では、もっともっと日本で広まる可能性があるのかと。私が偉そうなことはいえませんが、「自己肯定感」だとか「不安や怖れと向き合う」だとか「現実をありのままに見る」など多くの心理的な歪み(?)のケアに可能性を秘めていると思っています。

だれかやらないのであれば、いつかわたくしめがやろうかと。

 

8月25日(日)13:00〜17:00 

『日本の神託カード』ベーシック講座

http://event.visionary-c.com/ID=5283

 

8月28日(水)11:00〜13:00 

〜インドの叡智を通して、自分を知る〜 『ヨーガスートラ』講座

http://event.visionary-c.com/ID=5244

 

8月31日(土)11:00〜13:00 

古事記から見るYOGAの世界

https://holistic-lounge.jp/archives/session/5960

 

 

 

 

『神様と仲よくなれる!日本の神様図鑑』

定 価 1,200円(+税)

サイズ 四六版(H188 × W130 × D12 [mm])

発 行 新星出版社

著 者 大塚和彦(おおつかかずひこ)

    株式会社ヴィジョナリー・カンパニー代表/  

         『日本の神様カード』企画者

ご注文はこちら

 

August 5, 2019 |

Comments

Post a comment