« 正当にこわがることはなかなかむつかしい | Main | 探されるマーケティング »

2020.04.10

「習慣」を自分の味方につける

Photo_20200410155301

ドラッカー博士(19092005)

 

リモートワーク3日目です。

 

昨日から、何年も通っているヨガスタジオでの瞑想も、新型コロナウィルス感染症の影響からお休みになってしましました。

 

なので、「朝の習慣」を見直す必要に迫られています。

 

朝、決まった時間に起きます。で、いくつかルーティンのお祈りをして、瞑想にいって、会社に行って、神棚をやって、メールをチェックし、喫茶店にいって計画や予定を見直す・・・

 

これは数年かけてできあがった「黄金の(?)習慣」です。これって、習慣づけするまでは大変ですけど崩れる時は一瞬。なので、リモートワークのしょっぱなの目標は「新たな習慣」をつくることに定めました。

 

現代の企業経営において偉大な足跡を残した経営学者・ドラッカー氏にこんな言葉があります。

 

「他の人間をマネジメントできるなどということは、証明されていない。しかし、自らをマネジメントすることは、常に可能である。」

 

20200410-155542-2  

『経営者の条件』PFドラッカー

 

さらに、「生まれつき成果をあげられるようなエグゼクティブに出会ったことはない」と断言したうえで、

 

 

「成果をあげている者はみな、成果を上げる力を努力して身につけてきている。そして彼らのすべてが、日常の実践によって、成果をあげることを習慣にしてしまっている。」

 

と「習慣」の持つ力について本書でまとめています。

 

「習慣」っていうのは、時間がかかります。だから、とても地味です。世の中で流行するビジネスのノウハウとは対極にある世界かもしれません。

 

けど、「習慣」は「自分にとって敵にも味方にもなる」わけです。くれぐれも、敵対したくはないものです。

 

 

 

 

 



April 10, 2020 |

Comments

Post a comment