« ダラダラとした自動書記のすすめ | Main | コロナが終わったあとも、我々は働いている »

2020.04.21

動画配信でインド哲学は教えられるのか??

 

Photo_20200421131303 Photo_20200421131302 Photo_20200421131301

 

週末、インドのヨガ哲学『ヨーガスートラ』のZOOM(動画配信システム)講座に参加しました。インド哲学とは「人間とは?世界とは?」を哲学的に考えていくアプローチです。 

 

 

『ヨーガスートラ』とは紀元前後にまとめられたヨガ哲学の経典ですね。この手の教えを使って哲学的な学びを深めていくんです。私もたまにこの経典の講座をやりますし、最も関心のあるテーマの一つです。 

 

 

これ、申し込みをした時から思っていたことがあるのです。 

 

 

それは、「インド哲学を動画配信で伝えられるのか?」ということ。 

 

 

インドの聖典に『ウパニシャット』というのがあります。これは日本語に訳すと「先生のそばに座る」という意味らしいですね。 

 

 

あくまで私の解釈ですが、「先生のそばに座る」とは、単に知識を学ぶだけではありません。 

 

 

先生のそばで空気を感じながら、「息づかい」や「表情」、「声の波動」などを通して、「文字や言葉にはならない何か」をも理解していくことかと思っています。 

 

 

これ、果たしてZOOMで伝えられるんでしょうかね?? 

 

 

さて、世界ではZOOMでの講座が花盛りですね。「これから時代は変わる」と鼻息荒い起業家もたくさんいらっしゃるみたいです。 

 

 

かくいう私も、動画を使っての遠隔は徐々にやっていくつもり。簡単な動画配信であれば、質のいいものがたくさんでていますし、誰でもすぐに参入できると思いいます。 

 

 

けど、「動画配信で『文字や言葉にはならない何か』を伝えられるかどうか?」については、これから思索や検討が重ねられていくんじゃないかな、と。 

 

 

今回、講師の先生が「一般の講座だと人に向かってしゃべっているんだけど、動画だと本に向かってしゃべっているみたい」といみじくもおっしゃっていました。 

 

 

これ、至言ですね。私的には、動画配信に対するヒントがたくさん含まれているコメントととらえました。 

 

 

伝統を残しながら、伝統を改革していく。大きな時代の過渡期にわれわれは位置しているのかもしれませんね。 

 

 




April 21, 2020 |

Comments

Post a comment