« 私にとっての「先生」とは何か? | Main | 「正義」というしがらみ »

2020.05.29

リモートワーク、これから流行りそうですが

 

外資系の会社に勤務している友人がいます。 

 

 

数年前から出勤は月に数日で、あとはリモートワークで働いています。今思えば、時代の先駆けですね。 

 

 

「仕事場」である自宅に行ったことがあるのですが、次々と動画共有システムでミーティングを行う様子は見ていて圧巻でした。 

 

 

あの頃は、なんだか近未来のような気がしたものですが、いまは時代の流れで外資系のみならず、我々のような中小企業もこうした働き方を要請されているわけですね。 

 

 

当社も4月上旬からリモートワークをしてきました。で、「ああ、こういうことが大事なんだな・・・」というのが肌感覚でつかめてきました。百聞は一見にしかずですね。 

 

 

一番強く感じたのは、リモートワークは「筋トレ」のようなものだということ。 

 

 

「明日からリモートワークをやりましょう!」なんていわれても、すぐに実践などできるわけがありません。なぜなから私も含めて多くの人は「リモートワーク筋肉」がない(少ない)からです。 

 

 

「自宅で働く」には「自宅で働くための筋肉」が必要です。 

 

 

会社で働くのと、自宅で働くのは「筋肉」が違います。ここでいう「筋肉」とは、「気力」「集中力」「自己制御力」「計画力」「体力」などを含めたたとえのこと。 

 

 

会社で働くにも当然「気力」や「集中力」は必要です。けど、自宅で働く場合のまったく別物だと感じました。 

 

 

携帯やテレビを見ながら会社で仕事をしている人は少数派でしょうが、自宅であればそれがフリーですからね。「気力」や「集中力」を阻害するものがたくさん存在するのがリモートワークです。 

 

 

「我々は、リモートワークをするだけの筋力があるだろうか?」 

 

 

この大前提に立たないと「リモートワークをどう行っていくか?」は見えてこないかと。『誰でもラクラク!夢のリモートワーク成功読本』みたいなノウハウ本にたよっても、リモートワークなんて絶対に機能してかないでしょう。 

 

 

で、こうした「自宅で働くための筋肉」をつくるには、「自宅で働く習慣をつくる」しかありません。 

 

 

肉体を鍛えていく「筋トレ」と同様に、自宅で働く習慣つくることで「自宅で働くための筋肉」を少しづつつくっていくしかありません。 

 

 

冒頭に紹介した友達の会社には、「自宅で働く習慣をつくるための仕掛け」がたくさんあったそうです。 

 

 

日報のようなものは当然ありますし、「細かいミーティングをたくさんするための仕組み」、「やるべきことの進捗状況を一覧できる仕組み」「相互に仕事を評価する仕組み」・・・・ 

 

 

「自由を確保するがゆえの、不自由だよ。。」 

 

 

と笑いながら彼はいっていましたが、こういうことを繰り返しながら「自宅で働くための筋肉」がつくられていったのかと感じました。 

 

 

リモートワークは、これからの大きな流れになっていくことでしょう。国がその方向に向かっていますから、お金やサービスも動くでしょうし。「リモートワークをしていないと採用ができない」なんて日も、あながち非現実的ではなくなるかもしれません。 

 

 

でも、「リモートワークの導入」と「リモートワークが機能する」とはまったく別にとらえないと見誤ります。 

 

 

リモートワークは、 

 

 

「自宅で働くための仕組み」を会社が提供し、 

「自宅で働くための筋肉トレーニング」を働く側が行っていく 

 

 

この両輪があってはじめて機能していくのでしょう。 

 

 

これを、「アメリカ的な実力&成果主義的」にではなく「日本的にエレガントに、美しく、調和をもって」やっていくのをどうするか? 

 

 

経営側、働く側。それぞれの知恵が試されているのかと思います。 

 






May 29, 2020 in 仕事のことについて |

Comments

Post a comment