« 「説得力」って必要でしょうかね? | Main | これから先、世界はどう展開していくか? »

2020.06.16

「誰々が◎◎と言っていた」の被害から身を守るために

 

 

誰かとコミュニケーションをしているとします。

 

 

で、その時に「誰々(そこにはいない第三者)があなたのことを◎◎と言っていた」という言葉がでてくるとします。

 

 

それが自分にとってネガティブなことだとすると、たいがいは心が揺れますよね。

 

 

「あの人はそう思っていたんだ・・・」と時には落ち込んだり、「あいつにそんなこと言える筋合いがあるのか?」と逆に攻撃をしたくなったりするかもしれません。

 

 

けど、残念なことにこの手のコミュニケーションばかり繰り返す人というのは一定数いるようです。心理学の世界でもちゃんと症状として名前がついていて、対策だとか注意ポイントだとかがまとまっているようですね。ここでは詳細を控えますけど。

 

 

私も過去にこの手の戯言に翻弄されひどい目にあったことがありましたから、以降は「誰々が◎◎と言っていた」という発言にはとても敏感です。

 

 

会話でこの言葉ができたら「へえ、そうなんだ。じゃあ本人に確認してみるわ」というように習慣づけておく。

 

 

これを口にすると「わたしは『あなたのために』意を決して話をしたのだから、直接話をされると・・・」って困った反応が多いですね。まあ、陰口を話しているのですから狼狽するのも当たり前なんですが(笑)

 

 

この切り替えしをしていくことで、この手の発言を繰り返す人は寄り付かなくなってくるようです。または、この手の発言をしないようになるみたいですね。

 

 

きっと、「誰々が◎◎と言っている」って発言は、自分の言葉にコントロールされやすい人間を選んで発言しているのでしょう。自分が変われば、世界が変わるわけです。

 

で、こうしたコミュニケーションには他にも別バージョンがあります。

 

 

そのうちのひとつが、「神さまが◎◎とおっしゃっているいる」だとか「天の啓示で〇〇が聞こえている」というやつですね。

 

 

わたしは見えない世界が好きですし、その存在を信じています。だから、「神さまのお言葉(託宣)」や「天からの啓示」なるものは確かにあると思います。

 

 

けど、1対1のコミュニケーションにおいてこの手の言葉が語られる。更に、その発言が自分にとってとてもネガティブな場合。これは、注意しないといけないと思います。

 

 

だってこれ、よくよく考えれば「誰々が◎◎と口にしていた」と同じ構造ですから。

 

 

人間関係だけの話であれば、前述したように「へえ、本人に確認してみるわ」とやれば発言の真偽のほどはだいたいクリアーになってきます。

 

 

でも、「神様」や「天」といった「大いなるもの」がでてきてしまうと、「確認してみるわ」というわけにはいきませんからね。

 

 

1対1のコミュニケーションになぜか第三者の発言が入ってくる・・・。これは、そもそもおかしな話なんですよね。二人で第三者の悪口をいうのであればわかりますけど(笑)

 

 

大切なのは、「第三者が入ってくる脈絡のなさ」だったり「なんぜここでその話?」って違和感にまずは意識的になること。それが、「誰々が〇〇と言っていた問題」の被害から身を守る処世術といえるでしょう。

 

 

この手の問題は、そこかしこで見聞きするのでまとめてみました。またいずれ。

 

 

June 16, 2020 in 人間関係に関すること言葉について |

Comments

Post a comment