« これから先、世界はどう展開していくか? | Main | 「あやふやなもの」が「世界の真実」みたいな顔していないか? »

2020.06.22

ライブの講座が復活

Photo_20200622164801

 

2月の下旬に淡路島(兵庫県)で講座がありました。 

 

 

その辺りから世界は一変、3月からの講座が次々と休止・延期となってしまいました。 

 

 

去年は本の発売イベントもありましたから、1年で100回くらいは講座や勉強会をしたでしょうかね。それがなくなるわけですから、スケジュール激変です。 

 

 

土日は何らかの予定が入っていましたし、地方にいくことも多かったですから、「ああ、いままでなんだか忙しかったなあ・・・」としみじみと感じました。 

 

 

なんだか、急行列車からいきなり各駅停車(それもしょっちゅう駅でとまる夜行電車)に乗り換えたような気分といったらいいのでしょうかね。 

 

 

それから、約3か月。ようやくと、リアルな講座が復活のきざしを見せてきました。 

 

 

先週は、「スモールビジネスのためのグループコンサルティング」が4か月ぶりに再開し、今週はインドのヨーガ哲学の講座が再開します。 

 

 

来月早々には、地方都市でインド哲学と瞑想の講座を担当する予定です。感染には気を付けつつ、とはいえ過剰防衛にならないようにしつつ、ですね。 

 

 

ここしばらくの講座では、「ここ数か月の激動が自分にとってどんな意味合いがあったか?」をシェアしていきたいと思います。 

 

 

「意味なんてないよ、たんにウィルスが猛威をふるっただけだ」という考えもあるでしょう。 

 

 

でもわたしは、「人生に自分なりの意味づけをすると、地に足ついた生き方ができる」という信念(信仰?)を思っています。 

 

 

そう、ナチスの強制収容所から生還した心理学者・フランクル博士が名著『夜と霧』で提唱した生き方ですね。 

 

 

133141

ヴィクトール・エミール・フランクル(1905~1997) 

 

 

ナチスの強制収容所というこれ以上ない絶望。 

 

 

そんなの中でも「自分にとっての意味」を追求した人は、絶望に負けず、自分の人生を力強く生き抜いたという有名な話は、いまの時代だからこそ輝きを放つような気がします。 

 

 

そのうち、機会があれば『夜と霧』の読書会などもしていきたいですね。この話は、インド哲学とも共通するところがある深いテーマですし。人類普遍の真理が説かれている、といったらいいすぎでしょうかね。 

 

 

ともあれ、講座が再開しました。ご一緒するみなさん、よろしくお願いいたします。 

 

 


June 22, 2020 in 経営をするということ仕事のことについてイベント情報 |

Comments

Post a comment