« June 2020 | Main | August 2020 »

2020.07.31

顔は知っている、挨拶もする。何をしているかよく知らない。

 

 

すべての問題の根本は、人間関係をめぐることである

 

 

心理学のアドラーでしたかね?この手のことを言われたのは。

 

 

人は、他人とのかかわりがなければ生きていけません。ただ、その「かかわり」が苦しさを生みだすきっかけになるわけですね。

 

 

そんなことから、「人づきあいをやめれば、面倒なことが起きない」という極論も生まれてくるわけです。

 

 

でも、そうした選択をするということは、周囲との「かかわり」も遮断することになります。それは、「他人とかかわりたいという根本欲求」を満たすことができないことを意味します。

 

 

更には、承認欲求(人から評価されたいという欲求)も満たす機会がなくなることにもつながります。

 

 

つまり、他人との「かかわり」を遮断すると、面倒なことが起きない代わりに、自分の欲求を満たすことができにくくなるわけですね。

 

 

さて、ここをどのようにうまくやっていくか??

 

 

私の場合、「顔は知っている。会えば、挨拶くらいする。たまに話くらいはする。でも何をしているかよく知らない」関係を複数つくることが大切かと思っています。

 

 

趣味の知り合い、スポーツクラブでの知り合い、勉強会での知り合い・・・どこでもいいと思うのです。「同じ時間をたくさん共有した濃密な人間関係」ではなく、「ごくごく薄い人間関係」ですね。

 

 

こうした人間関係であれば、もめる必要がありません。だって、連絡先も知らないないわけですから、トラブルになる必然性がないわけですし(笑)

 

 

だからといって、「薄っぺらい無味乾燥な人間関係か?」というと、わたしはそうではないと思います。

 

 

むしろ、「表面上はうまくつくろっている。けど、裏でいろいろな気持ちが渦巻いている古くからの人間関係」なんかよりも精神衛生上よいかと。

 

 

人間はこのような「相手のことをよく知らない関係性」であっても「人とかかわりを持ちたい欲求」を満たすことができるはずです。

 

 

仏教やヨガと聞くと、「一人で修行」みたいなイメージを持つ人がいらっしゃると思います。

 

 

けど、仏教の場合は「サンガ」、ヨガの場合は「アシュラム」といった具合に、多くの人が集まって修行をしたり、学んだりという場所があるのが一般的なんですよね。

 

 

人と最低限のかかわりをしながら、自分の大切なことを目指す場所

 

 

としてサンガやアシュラムは機能していたんじゃないかと思うのです。

 

 

コロナウィルスは、「人と人との距離をとる」ことを我々に突き付けています。これ、拡大解釈していえば、「濃密な人間関係から適度な距離をとること」ということはできませんかね?

 

 

人は知らず知らずにうちに、他人と近づきすぎていたんじゃないかと。



July 31, 2020 in 人間関係に関すること人間が悩むということ | | Comments (0)

2020.07.28

「SNSでガンガン宣伝するのがよい!」を考える

 

たまに経営相談を受けることがあります。

 

 

最近よく聞くのが、SNSでガンガン宣伝するのがよいと経営コンサルタントにアドバイスをもらったのですが、どうも気分が乗らなくて・・・」ってやつですね。

 

 

「ガンガン宣伝」は一見するといい「アイデァ」に聞こえます。SNSでしたら無料ですし、時間をエネルギーをかければ努力次第でなんとでもなりますしね。

 

 

でも、「万人に対してこの方法が有効か?」というとビミョーでしょう。

 

 

だって、人によって「能力」や「性格」、「やりたいこと」や「やりたくないこと」が違うんですから。

 

 

私は経営コンサルタントには大変にお世話になった一人です。ビジネスは一人ではできませんから、アドバイスをいただくのはとても有益なことだとも痛感しています。

 

 

けど一方で、「経営の実態とはそぐわないことを、アドバイスの名のもとに、したり顔で語る」人が多いというのも経営コンサルタント業界の真実ですね。

 

 

そういう人たちが生計を成り立たせることができるほど、経営という業界が複雑怪奇で摩訶不思議な世界ということなんでしょう。私を含めてだれしもが、「答え」が欲しいのですから。

 

 

仮にみなさんが「ガンガン宣伝するのがいい」とアドバイスを受けたら、この手の質問をされてみてはどうでしょうね?その経営コンサルタントの「力量」の一端がみえてくると思いますよ。

 

 

  • SNSは誰にでもできること、だったらすぐに競争が発生してしまうんでは?そんな空気感にSNSの参加者が嫌気を感じている現実はないでしょうか?「見ているだけで投稿はしない」という人が多い今のSNSがそうした状況の真っただ中あるのでは?

 

  • SNSは誰にでもできること、だからこそ発信者の「表現能力」が大切なのでは?客観的にみて自分にはその力が備わっていると思うか?

 

  • SNSは誰にでもできること、だからこそ「やらないという手段」も取れるのでは?それが周囲との「違い」をつくることでは?仮に私がSNSをやらないのであれば、どんな告知戦略がとれると思うか?

 

  • そもそも、「見ているだけで投稿はあまりしない」という読者も多い現在のSNSに、媒体としての価値があると思うか?

 

  • そもそもSNSで発信するよりも、「どんなサービスを提供するか?」を考える方が大事じゃないか?そもそも、SNSは単なるツールであって、昔でいうとダイレクトメールのはがきのようなものではないか?「戦略」と呼べるような高い概念のものになりうるのか?

 

 

ざざっとあげてみましたけど、こうした質問を通すと有益かと思います。コンサルタントには嫌われてしまうかもしれませんけど。(本物のコンサルタントはこの手の質問を大歓迎するでしょうけど)

 

 

そもそも、私にとって経営コンサルタントは、情報を一方的に与えてくれる存在であってはなりません。

 

・自分の疑問、質問をぶつけられること。

 

・質問や疑問対して、真摯に答えてくれる姿勢と能力があること。

 

・その対話の中から生まれる創発に価値を置く人であること。

 

 

そんな人でればビジネスにもとても有益な投資となることでしょう。そのような人はたぶん「誰でもかれでもSNSをやりなさい」などとは言わないはずです。

 

 

経営の世界がそんなに単純でないと知っていれば、当然そうなりますよね。人の数だけ、ビジネスの形があるのですし。

 

 

July 28, 2020 in 経営をするということ人間が悩むということ仕事のことについて | | Comments (0)

2020.07.27

【備忘録】コロナ禍でのできごとについて

 

以下、備忘録としてまとめておきます。 

 

 

  • リモートワークについて

新型コロナウィルスによって、4月上旬からリモートワークになりました。現在は、週に2日は出社している形です。リモートワークは、「練習しないとできるようにならない」類のもの だと強く感じました。ということで、絶賛リモートワーク練習中です。 

 

 

  • 講座の延期・中止について

2月下旬の淡路島での講座を最後に、3~5月の講座は、ほぼ延期や中止となりました。そのため、大阪、富山、宮城などへ行く予定がなくなってしまいました。そう、ベトナムへの出張もなくなりました。私は、「移動しながらアイデァを考える」のが性に合っているようです。なので、遠距離の移動を制限されるのは困りますね。 

 

 

  • 自分の活動について

4月~5月は自宅待機をきちんとしました。そのうち、私の中でコロナウィルスへの見立てができてきましたから、5月中旬からは週に3~4回は会社にいっています。 

 

「危険な場所に近づかない」「危険な人(?)になるべく近づかない」「三密に気を付ける」「手を洗い、うがいをする」「マスクをつける」と報道されているようにベーシックなことです。 

 

「誰でもできることだけど、あまりに簡単すぎてついついばかにしてしまう」ことをちゃんと守ることにつきます。 

 

「国はきちんとした情報を提供してくれていない」「メディアのいうことなど信用ならない」という意見も耳にします。けど、「だったら一市民の私に「真の情報」を得ることができるのですか?」という疑問がでてくるわけです。 

 

たぶん、こういうときは、愚直でかっこ悪いほどルールに従うくらいがいいのです。そして、「真の情報」だとか「封印されている真実」みたいな、「青い鳥」を求めないことです。 

 

周囲から「思考省略」と思われてもいいのです。私から言わせたら、「青い鳥」を求める気持ちも立派な「思考省略」です(笑) 

 

 

  • この期間にやったこと

 

経営の神様 ドラッカー博士の質問を考えてみました。「私は何をもって貢献するか?」ですね。お客様に対して、お取引先に対して、仕事をお願いする著者に対して、社員に対して・・・自分が果たせる「貢献」について考えました。これは、今回のような自粛期間でないとなかなかできなかったことです。 

 

「すでに達成できていること」「すでに手を付けていること」「全然、手付かずなこと」・・・全部で50項目くらいでてきました。これを一つづつ形にしていくだけで、数年はかかりますね。逆を言えば、数年分の仕事のイメージが描けたということです。 

 

英語でインド哲学を学ぶということもはじめました。実は、英語とインド哲学は相性がいいのでは、と思っています。日本語だとわからない概念が、英語だとすぱっとわかることがあるんですよね。英語があまり得意でない私がいうのですから、間違いないです。 

 

毎朝通っている瞑想はお休みになってしまいましたから、自宅でやっています。瞑想は、場所と一緒にやるメンバーが大事ですね。はやく会が復活してくれることを望んでいます。 

 

 

ともあれ、数年後にこの記事をみて「ああ、あの時期があったから今の自分、今の会社があるんだな」と思えるような時期になりますよう。というか、そう思える未来を、経営者という種族はつくらないとですね。 

 

 

まだまだコロナウィルスは予断を許さないようですね。みなさんもくれぐれもご自愛くださいませ。 

 

 


July 27, 2020 | | Comments (0)

2020.07.15

メディア情報です(新星出版社「Fun-Life」)

 

新星出版社さんが運営するWebライフマガジンFun-Life!」にインタビュー記事を掲載していただきました。

 

20200715-110225

3回目の記事のうち、今回が2回目になります。

https://fun-life-shinsei.com/otsuka-story-2/

 

 

旅に出てから社会復帰するまでの話ですね。途中、インドのダラムサラでダライラマ法王にお会いする話などもでています。

 

Img_0077Img_0078

『日本の神様図鑑』より

 

チベットを訪れてから、ネパールを超えて、インドへ。その辺の話だけでも、3日は語れるくらいいろいろなことがありましたが(笑)記事ではだいぶ凝縮されています。

 

 

ぜひ、お付き合いいただけましたら。

 

 

 

_

神様と仲よくなれる! 日本の神様図鑑 (新星出版社)

 大塚和彦(著)

 ¥1,320(税込)

 


July 15, 2020 in メディア掲載情報 | | Comments (0)

2020.07.09

「自信がない」を考える

各地で講座をしていると、「よく聞かれる質問」というのがあります。

 

 

その代表的なものの一つに「自信がないんだけど、どうしたら自信がつくか」です。

 

 

自己啓発本をめくると、いつくか答えのパターン(?)があるようです。

 

 

・「自信なんて持ったもの勝ち」と相談者を鼓舞する

 

・「自信なんて行動しているうちに生まれるもの」と行動を促す

 

・「自分の持っているものに改めて気づけば自信がつくよ」を自己価値に気づかせる

 

・「それは困りましたねえ。だったら行動もできませんよね」と寄り添う

 

 

ざざっというと、こんなところでしょうか。(もちろん、ほかにもあると思います)

 

 

私のスタンスは、「何か行動を起こすときに、そもそも『自信』って大切ですかね?」です。

 

 

「自信」という言葉がいつから生活に入り込んできたのかは、私は知りません。けど、なんとなくなのですがごくごく近代じゃないかな、と思うのです。

 

 

過去に、昭和の時代の経営者の本をたくさん読んだ時期があります。その時の記憶では、「自信」に言及していることってほぼなかったんじゃないかな・・・

 

 

いつかこの辺のテーマはきちんと調べたいですけどね。

 

 

現在のように「行き過ぎた資本主義」では、消費者を「自信がない状態にしておく」ことで利益を上げる構造があります。

 

 

・仕事の能力に自信がない。なので、手に職をつけるために資格を取ろう。

 

・自分の容姿に自信がない。なので、身体にメスをいれて美しくなろう。

 

・健康に自信がない。なので、サプリメントを摂ろう。

 

 

みたいな感じですね。

 

 

中には、「消費者の自信のなさを炙り出す・自信のなさを煽る」ような会社もありますから、要注意。

 

 

消費者である私たちは、「あなたは自信がないんじゃないですか?」という企業が発するメッセージを無意識に受け取っていることになりますからね。素直な人であればあるほど、この呪縛にはまるわけです。

 

 

「行動や活動をするのに、自信は無関係」

 

 

くらいに思っておいていいと私は思いますよ。だって、よくよく見つめてみれば「自信」なんて実態がないですもの。

 

 

「ことわざ」の辞書をみると、「自信がない人に自信をつけさせる言葉」はほとんどないことに気づきます。

 

 

その一方で「思い切ってやる」という言葉はたくさんありますね。

 

 

 

「当たって砕けろ」「案ずるより産むが易し」「清水の舞台から飛び降りる」・・・などなど。まだまだたくさんあると思います。

 

 

古い時代から脈々と続く生活の知恵「ことわざ」を読む限りは、「自信があるとかないとかいうのはナンセンス」という結論がひもとけるのかと。我々が、頭で「あーだこーだ」と考えるよりも、人生の真理が語られているとわたしは思います。

 

 

July 9, 2020 in 人間が悩むということ人間の認知について仕事のことについて | | Comments (0)

2020.07.03

メディア情報です

新星出版社さんが運営するWebライフマガジン「Fun-Life!」にインタビュー記事を掲載していただきました。

 

これから3回続けて、記事が掲載される予定です。

 

2

https://fun-life-shinsei.com/otsuka-story-1/

 

第1回目となる今回は、ごくフツーの社会人が、「旅人になろう!」と会社を辞めたあたりの話をまとめていただいています。

 

「バックパッカーから企業家への転身!〜とタイトルについていますけど、なかなか仰々しくて自分のことのような気がしないのですが・・。

 

ともあれ、よろしければぜひお付き合いくださいませ。

 


July 3, 2020 in 旅をすることについて、旅をかたることメディア掲載情報 | | Comments (0)

2020.07.02

「あやふやなもの」が「世界の真実」みたいな顔していないか?

 

 

私はインドの哲学が好きです。

 

 

なぜなら、頭で考えてもわからないことについて、理解が深まるからです。

 

 

たとえば、「まじめに生きている人が病気で苦しむのはなぜ?」という自問自答があるとします。

 

 

近い人が病に倒れたとき「なぜ、あんないい人が・・」という経験をしたこともある方はいらっしゃることでしょう。で、あれこれと考える。

 

 

けど、このテーマって頭で考えたところで「なるほど!」という答えはでてこないんではないでしょうかね?

 

 

でも、「答えのでてこないこと」に真剣に格闘して、人は苦しむわけです。

 

 

「考えてどうにかなることか?」「考えてもどうにもならないことか?」を見極める知性

 

 

たとえば、インド哲学はこのような視点を与えてくれます。これが自分に落ちるだけで、「生きるエネルギー」をダダ洩れさせずみ済みます。

 

 

そんな私ですから、インド哲学は「ホンモノ」と思っています。

 

 

で、「数千年の昔から続いてきた」「歴史の名前を残すような人が、この知恵を活用した」みたいな情報が、私の信念をより強固にしてくれます。

 

 

でも、世界には「インド哲学」とは対極にあるような考えかたもあるわけです。

 

 

たとえば、「人は自分の欲求に従って生きていくと成功する」という話があるとします。巷でよく聞かれるテーマですね。

 

 

これ、一見すると「そうだよねえ」と素直に受け入れてしまいやすい。

 

 

だって、世界にはそういう「成功者」があふれていますし、そういう人の体験話を聞くと「世界の真理ってのはそういうものなのかな」とも思ってしまう説得力もある。

 

 

「でも、本当にそう??」とインド哲学的に突っ込みを入れていくと、いろいろとあやふやな点もあるわけです。

 

 

•「自分の欲求」で生きることが、幸せに生きることにつながるのかどうか?

 

•「自分の欲求」をそもそも人間は自覚できているのかどうか?

 

•「自分の欲求」といいながら、「他の人の欲求」を自分に重ね合わせたりしていないかどうか?

 

•「自分の欲求」ってのは永遠に変わらないものかどうか?

 

• もし「自分の欲求」が変わるのだとしたら、新たな欲求がでてくるたびに次の成功と求めることにならないか?

 

• 次の成功を求めるのだとしたら、どこまでいけば成功の状態になのだろうか?

 

• そもそも「成功する」っていったいどのようなことだろうか?

 

 

たとえばこんな感じですね。

 

 

わたしは、「あやふやなことがそのままになっている」のを好まないですから、「人は自分の欲求に従って生きていくと成功する」のあやふやさがどうしても気になるんです。

 

 

もっと口悪く言うのであれば、「真実でないものが、真実顔しているのが好きでない」ともいえるでしょうかね(笑)

 

 

自分でも「面倒くさいな」と思うときがあります。でも、性分みたいなものですからしょうがないですね。

 

 

こういう性分の方とお会いすると、無人島で人と遭遇したかのような気分になったりします。少数ですけど、世界は案外といるものですよね。

 

 

July 2, 2020 in 人間が悩むということ人間の認知について言葉について | | Comments (0)