« 「無念」を引き継ぐ | Main | 新刊『いちばんていねいな、オラクルカード』が発売されます »

2020.08.18

私がインド哲学と縁ができたきっかけ(のひとつ)

 

「結果に執着せずに、行為に取り組む」

 

 

これ、インド哲学の大きな主題(テーマ)の一つ。俗に「カルマヨーガ」と呼ばれるものです。

 

 

我々の行為のほとんどは、「結果を意識してなされる」ものばかりです。

 

 

◎人間関係をつくるために(結果)、異業種交流会へ行く(行為)

 

◎他人からの「いいね!」を得るために(結果)、SNSに投稿をする(行為)

 

 

という具合ですね。

 

 

私は若い頃、数々の「成功法則」「自己啓発」の教えの洗礼を浴びました。セミナー行って、本やテープ(当時はカセットでしたw)を買って、とにかく食い荒らしました。

 

 

これらの「哲学」は、たいがいが「成功した姿をイメージすることの大切さ」が説かれます。ということは、「結果を意識しまくり」なわけです。

 

 

けど、インドの哲学ではそこにゆさぶりをかけるわけです。

 

 

自分が「これこそが正しい生き方だ!」と感じていたことが揺らされるので、人によっては「否定」や「疑い」といった形で反応してきます。当たり前といえば当たり前の反応ですね。

 

 

けど、中にはこういった話を聞くと「漠然とした質問」が頭の中にたちあがってくる人がいます。

 

 

Q:「結果を考えずに行動していたら、社会は成り立たなくないですか?」

 

Q:「結果を考えずに行動して、とんでもない未来になりませんか?」

 

Q:「結果を考えないのだとしたら、生き方が刹那的になりませんか?」

 

Q:「そもそもなぜ、こういう教えが大切だと説かれるのですか?」

 

 

たとえば、こんな反応ですね。

 

 

「否定するでも肯定するでもなく、自分の中に自然と質問がたちあがってきた」

 

 

これこそが、インド哲学のすべてのはじまりかと。

 

 

私は、31歳で会社をつくりました。運よく、数年後には会社は軌道に乗りました。最初は生活がカツカツでしたが、数年もすると倍々で収入は増えてきました。いままではいかないようなお店にいきはじめたのもこの頃ですね。

 

 

でも、いつしか自分の中に質問が立ち上がってきたのですね。

 

 

それは、「成功ってどこまでいったら成功なの?」というシンプルな質問でした。

 

 

「小さな成功をすると、次の成功が欲しくなる。で、さらにその次・・・」このループがずっと続くかと思うと、面白いような、チャレンジしたいような、うんざりするような、そのレースから逃げ出したいような複雑な気持ちが入り混じっていたことを今でも思い出します。

 

 

で、「この問いの答えはどこかにないか?」を探しにかかるわけです。

 

 

この世界、「問いが明確であれば、いつか答えはやってくる」摂理のようです。数年後、私は、インド哲学と巡り会うという僥倖に恵まれたというわけです。

 

 

August 18, 2020 |

Comments

Post a comment