« この会社ならなんとかしてくれそう | Main | 「新しい現実」がやってきた »

2021.09.24

本の企画案をまとめました



とあるご縁から、本の出版企画をまとめることになりました。

 

 

先日、出版社の窓口の方にメールをしました。現在、社内で揉んでいただいているようです。

 

 

数年前から「いつかやりたい」と思っていたテーマでした。でも、わたしがそのテーマで文章を書けるとは世界の多くの人が知らないはずで・・・

 

 

そんな状態で待っていても、ぜったいに声なんかかからないわけです。

 

 

なので編集者(出版社で本づくりにあたる人)と会ったら「このテーマなら書けるし、書きたい」とお伝えするようにはしていました。

 

 

でもちょっと小難しい分野の内容なんです。

 

 

なので、「うーん、何とも言えないですね」というレスポンスがあることがほとんどだったわけです。マーケット(本を購入してくれる人の数)も小さいでしょうから、編集者としてもちょっとリスキーな企画。

 

 

こちらも場面が替われば「カードをつくりたいんです!」という方に企画を売り込まれる側になりますから、編集者や出版社の論理はよくわかるつもり。なので、「いつかご縁のある出版社さんが現れればいいな・・」くらいの感覚でいたわけです。

 

 

それが今回、ちょっとだけ展開したわけですね。

 

 

今回の話が形になるかどうかはまだわかりません。出版は、さまざまな要因で企画がきまりますし、現時点では不確定要素はたくさんあることでしょう。

 

 

ただ、確実に「いつかこのテーマで書く方向へと向かっている感覚」がやってきているのは事実。

 

 

「感覚」ですから、理屈を抜きにした世界です。目には見えない世界ですから、もしかすると私の独りよがりな思い込みかもしれない。

 

 

けど、長く仕事をやっていると「感覚」がホンモノかニセモノかくらいの区別はつくようになります。

 

 

「ニセモノ」の感覚は、どこかつっかかりがあります。あえて言語化すると「すっきり」でなく「ざらついている」感じというんでしょうかね。

 

 

この感覚さえあれば、時間軸はそんなに気にならないわけで・・・早く企画がきまって本を出せればそれはそれでいい。けど、何年も先になったとしても、それはそれでいいって世界なわけです。

 

 

仕事をする目的っていくつもあるのでしょうが、「いい方向に向かっているホンモノの感覚」を手に入れることも大切な目的だと思うわけです。

 

 

「ホンモノの感覚」はおそらく、たんたんな日常の積み重ねの先にしかやってこないはずです。なので逆に言えば、この感覚があるときは、「日常の積み重ねを飽きることなくやっている」ことの何よりの証になるわけです。

 

 

企画をまとめながら、こんなことが頭をよぎりました。

 

 

September 24, 2021 in 仕事のことについて |

Comments

Post a comment