« 「新しい現実」がやってきた | Main | 【備忘録】2021年9月の読書 »

2021.10.14

言葉の限界が、世界の限界

 

「言葉の限界が、世界の限界」

 

 

これ、わたしがサンスクリットを習った先生の言葉です。

 

 

「サンスクリット語を習うということは、単に言葉を知るだけではない。世界の見え方を変えることなんだな・・・」と考えてもいなかった視点をいきなりもらいました。これ、私には衝撃でした。

 

 

もう一つ、この先生の言葉に「ブッダ(お釈迦様)の見ていた空の色をいつか見てみたい」というのもありましたね。

 

 

インドに行けば「お釈迦様ゆかりの地」というのはいまでもあるわけです。で、そこで数々の説法をした逸話も残っている。

 

 

じゃあ、インドに行って「ゆかりの地巡り」をしたらお釈迦様と同じ空が見えているか?というと、そうではないというわけですね。

 

 

令和の時代の、日本語という言葉を使う国民って視点からの「空の見え方」ができるだけで、「お釈迦様の見ていた空」とは全然別だろうという話でした。

 

 

言葉には、さまざまな概念やら思念やらがまとわりついているわけです。だからこそ、少ない言葉でコミュニケーションができるメリットもあるわけですが、物事を見たり、考えたりする際に「固着」が生まれてしまうデメリットもあるわけです。

 

 

自由にものをみているつもりでも、自由にものを考えているつもりでも、「日本語」って枠組みに束縛をされているということです。

 

 

自分が直面している悩みも、「日常的に使っている言葉(日本語)で考えているからこそ生まれる」なんてことがあるわけで、サンスクリット語に世界をみたら「悩む意味が分からないだけど・・・」なんてこともきっとあると思うのです。

 

 



 

October 14, 2021 in 感じたこと |

Comments

Post a comment