« October 2021 | Main | December 2021 »

2021.11.05

【備忘録】2021年10月の読書録

Img_8226

 

202110月も無事にすぎました。

 

新しく文章も書いていますし(本とはまだいいませんw)、飲み会や会食もぼちぼち復活してきました。本を読む時間をもっと確保したいのですが、なかなかままなりません。

 

かくなる上は、「人生の優先順位の変更」をドラスティックにやることなんでしょうが、それさえもままならぬようなここ最近です。

 

以下、備忘録として。

 

・『イエスの生涯』(遠藤周作著)

・『キリストの誕生』(遠藤周作著)

・『沈黙の声』(遠藤周作著)

先月につづいて遠藤周作さんの著作です。最近、ブログのせいかキリスト教関連の団体から会社に勧誘があったらしいです。だとしたら、いろいろとチェックしてるんですね。ご苦労さまです!

 

 

・『シッタルダ』(ヘルマン・ヘッセ)

修行する東洋人の心のもようが格調高い文章で描かれています。手塚治虫の『ブッダ』を再読したくなるような本。求道者におススメです。或いはそういう世界に関心がない人がどんな感想を持つのか、聞いてみたい本。

 

 

・『悲しみのなかの真実 石牟礼道子 苦楽浄土』(若松英輔)

水俣病の被害を描いた名作『苦楽浄土』。この作品を描いた石牟礼道子さんを読み解く本です。本を読んでいると「読めない」という部分や瞬間がありますが、これに対しての示唆を与えてくれました。『苦楽浄土』は確か最後まで読んだことないないんだよね。今なら挫折しないで読めるかしら・・・

 

 

・『傷ついた癒やし人』(H.J.Mナウエン著)

牧師さんが読む本のようですが、何かしらのご縁でわたしのもとにやってきました。ただ、現代社会で傷ついた人にとっても光明となるような本です。キリストを信じない人でも、たくさんの示唆をもらえるかと。

 

 

・『思いがけず利他』(中島岳志著)

「利他」って最近よく聞きますが、「思いがけず」と「利他」との組み合わせは絶妙ですね。「あなたにとっていいと思って!」と行動するのは確かに「利他」。けど、そこには「おせっかい」だとか「自分のエゴを満たすため」ってのが入ってくる危険性もありますよね。「思いがけず」というキーワードから「利他」をとらえると、いろいろな気づきがあります。

 

 

・『キリスト教入門』(矢内原忠雄)

キリスト教を学びたい方の基本ガイドとして読みましたよ。日本史に出てくる「矢内原事件」のあの先生です。勇気ある行動の背景には、確固たる信仰があったのかもですね。

 

 

・『二コマコス倫理学』(アリストテレス著)

半年間、この講座に通っていました。人間に対する深い洞察が、こんな昔に行われていたなんて驚きですね。「倫理」ってとても実生活で役立つと思うのですが、どこか机上の空論みたいにとらえられてないでしょうかね。それを使える技術として現代にカスタマイズするのは、もしかしたら私の仕事なのかもしれません。

 

 

・『世界は善に満ちている』(山本芳久著)

今年の春に読んで、再読です。アリストテレスの哲学を通して再び読むと、見えてくる世界が変わりますね。先生と生徒との対談の体裁で書かれていますし、必要なポイントをわかりやすくお伝えする著者ですので、読みやすい本だと思います。せちがらい世の中ですけど、世界が「善に満ちている」ことがばっちり明らかにされています。下手な自己啓発の本にたくさん手を出すなら、この本がおススメ。

 

 

November 5, 2021 | | Comments (0)